脊椎脊髄外科は脊椎・脊髄・末梢神経の手術治療を専門に担当しています。

「手がしびれる」「箸がうまく使いにくい」「転びやすくなった」・・・
これらは頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)など、頚椎や末梢神経の病気でよく見られる症状です。

また、「ひどい腰痛がある」「坐骨神経痛で動くこともできない」「歩いていると足がしびれてくる」・・・
これらは腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎体圧迫骨折など腰の骨(腰椎:ようつい)の病気の典型的な症状です。

脊椎・脊髄・末梢神経が原因で起こる症状はまだまだ沢山あります。
そんな症状でお困りの際は、亀田メディカルセンター 脊椎脊髄外科をぜひ受診ください。

症状から探す