アウトリーチ活動


安房地域における緩和ケア勉強会

当科では、緩和ケアチームアウトリーチ活動の一環として、安房地域での緩和ケア関連勉強会を行っています。各医療機関のニーズに合わせ、レクチャーのみならずワークショップを交えた交流を通じ、地域緩和ケア充実のための一翼を担えればと考えています。

2014年度 社会医療法人社団木下会 館山病院 http://hakudoukai.com/hp/

第一回  緩和ケアとコミュニケーション
      関根龍一医師

第二回  緩和ケアと医の倫理
      関根龍一医師

第三回  Advance Care Planning
      蔵本浩一医師

第四回  スピリチュアルケア(1) スピリチュアリティ理解を中心に
      瀬良信勝チャプレン

第五回  スピリチュアルケア(2) スピリチュアルケア理解を中心に
      瀬良信勝チャプレン

第六回  家族看護 終末期における家族ケア
      千葉恵子看護師

第七回  緩和ケアにおけるチームアプローチ
      江川健一郎医師

2015年度 医療法人社団宏和会 エビハラ病院 http://www.ebihara.or.jp/kouwakai/

第一回  緩和ケア概論
      関根龍一医師

第二回  高齢者のエンドオブライフケア
      千葉恵子看護師

第三回  身体症状のケア
      江川健一郎医師

第四回  精神症状のケア・認知症のケア
      江川健一郎医師

第五回  スピリチュアルケア・遺族ケア
      瀬良信勝チャプレン

2016年度 医療法人社団宏和会 エビハラ病院 

第一回  精神症状のケア・認知症のケア 
      江川健一郎医師

第二回〜 エビハラ病院スタッフとの合同カンファレンス(全6回予定)
      江川健一郎医師、千葉恵子看護師、瀬良信勝チャプレン

(江川)

Advance Care Planning in AWA(ACP-A) 

Advance Care Planning in AWA(ACP-A)とは、2013年に亀田総合病院緩和ケアチーム・在宅医療部・総合内科・地域連携室および亀田医療大学の有志で結成されたプロジェクトチームです。「地域住民一人ひとりが、自分や大切な人の人生やもしもを考え、話し合うことで、今をより大切に、最期まで自分らしく生きることを支援する」ことを理念に掲げ、安房地域を中心にワークショップを開催しています。

活動の特徴

  1. 幅広い年代(10代〜70代以上)の様々な背景を持つ方々が対象
  2. 参加されるみなさまのACPへの興味や理解度に応じたステップアップ方式のプログラム
  3. 初めてのみなさまにも気軽に足を運んでもらえるように、楽しさを取り入れたワークショップ

これまでに延べ500人を超える方々が参加されており、満足度9割以上と好評を頂いています。今後市民のみなさまに更に御参加いただけるよう、地域のみなさまと一緒に企画を進めていきたいと考えています。興味のある方、詳細を知りたい方はぜひお問い合わせ下さい。

(蔵本)

acp.png

リンク

acp_logo.png

もしバナのすすめ(アドバンス・ケア・プランニングって何ですか?)
http://www.kameda.com/patient/topic/acp/index.html