第31回 Young Chest Conferenceで呼吸器内科 後期研修医 谷口医師が発表

関東の教育病院が集まって行われているYoung Chest Conferenceは、第31回となり、歴史的な若手医師向けの呼吸器勉強会です。
今年から、当院中島部長も世話人の一人として、お手伝いさせて頂くことになりました。
3題の症例検討後に、特別講演を聞かせて頂けるとても勉強になる研究会です。
今年は6月29日に開催され、当科の谷口順平先生が症例提示を行いました。
両肺びまん性陰影を呈した急性呼吸不全の1例で、最終診断はサルコイドーシスでした。
初めての発表とは思えないほど、美しく、論理的なスライドを創ってくれました。
今後の谷口医師の活躍に大変期待しております。

*亀田総合病院呼吸器内科は、質の高い研修とチャンスに恵まれた環境があります。現在、フェローとスタッフを1名ずつ募集しています。ご興味のある方は下記より応募下さい。

http://www.kameda.com/pr/pulmonary_medicine/recruit.html