初期研修医のための白熱呼吸器ワークショップ 亀田呼吸器サマーセミナー2019!

2018年6月2日(日)9:00〜16:20に御茶ノ水トライエッジカンファレンスにて、
「亀田総合病院 呼吸器内科 サマーセミナー 2019」
を開催します!多くの方のご参加をお待ちしています。先着順ですので、お早めに申し込みください。
定員に到達し、申し込みを締め切りました。

主な対象は、初期研修医の先生とさせて頂いておりますが、後期研修医以上の先生方も参加可能です。
呼吸器診療はエビデンスの多いサイエンスの領域と、エキスパートオピニオンがほとんどのアートの領域が混在していて初学者には非常に理解しにくいです。
本セミナーは呼吸器診療を専門家のファシリテーターのもとワークショップ+レクチャー形式で学ぶことができる唯一のセミナーです。Problem based learning(PBL)をもとにして、1つの症例から徹底的に学びます。
対象は、医学生、初期研修医、総合内科医、すべての医療従事者です。定員50名、定員を超える場合は初期研修医を優先させていただきます。参加費は初期研修医以下3000円、後期研修医以上5000円です。

「外来で咳嗽を主訴に来られる患者さんの対応をしっかりと学びたい。」
「間質性肺炎の診療をどのようにして良いのか分からない。」
「CT読影について専門家の視点から学びたい。」
「喀血の対応について専門家はどのように考えているのかを知りたい。」
「自分の呼吸器診療について疑問があるが、なかなか専門家と議論できる機会がない。」

このような先生方を満足させられるセミナーです。

セミナー内容
9:00 〜 12:30
「ワークショップ I」
「咳の診方」(青島 正大)
「呼吸機能検査」(田中 悠)
「ワークショップ II」
「難治性肺炎」(城下 彰宏)

12:30 〜 1:30
「昼食」
「亀田総合病院 呼吸器内科紹介」

1:30 〜 16:20
「ワークショップ III」
「わかりやすい胸部CTの読み方」(中島 啓)
「ワークショップ IV」
「呼吸器インターベンション」(大槻 歩)

講師陣
亀田総合病院 呼吸器内科 
青島 正大、中島 啓、大槻 歩、田中 悠、城下 彰宏

seminar2019.jpg