ご挨拶

部長: 中島啓 プロフィール詳細 >>>


 

ようこそ亀田総合病院呼吸器内科へ。

亀田総合病院 呼吸器内科の3つの理念をまず紹介します。

[亀田総合病院呼吸器内科 理念]
1 患者さんに最高の医療を提供し、南房総の医療と、亀田グループ全体に貢献する。
2 チームメンバー全員の成長と幸福を追及する。
3 臨床、研究、教育に取り組み、日本の医療の「アップデート」に貢献する。

亀田総合病院は、房総半島に限らず、千葉県一円、さらにはアクアラインを渡って東京都や神奈川県、利根川を渡って茨城県、さらにはメディカルツーリズムでの海外からの患者さまも来院されます。病床数917床、診療科数34の病院であるがゆえに、当院は他の医療施設での診療ができない患者さまが多数来院され、最後の砦といった性格を有しています。

よって、圧倒的な症例数、そして診療領域の幅広さがあり、バラエティー豊かな呼吸器診療を経験することができます。気管支鏡件数は年間750件で、国内でも早い時期から気管支腔内超音波断層ガイドシース法(EBUS-GS)や超音波気管支鏡ガイド下縦隔リンパ節針生検(EBUS-TBNA)を導入しました。現在、胸腔鏡や光線力学的治療(PDTレーザー)、クライオバイオプシーも導入しています。

市中病院としては多くの臨床研究・学術業績を出しており、2017年度の論文数9本(内英文誌7本)、国際学会 6演題、国内学会 29演題あり、2018年度の英語論文数は13本です。

呼吸器臨床に関する情報発信にも力を入れており、単行本や雑誌の執筆も行っています。近年出した書籍としては、Amazonベストセラーとなった「胸部X線・CTの読み方やさしくやさしくおしえます」(中島啓 著、羊土社)、「亀田流 驚くほどよくわかる呼吸器診療マニュアル」(青島正大 編、羊土社)、「肺炎診療 どう見極め、まず何をすべきか」(青島正大 編)などがあります。SNSやブログでも診療に役に立つ医学情報を発信し、日本の医療の「アップデート」に貢献することを目指しています。

私たちは、理念の一つにも示している通り、一緒に働くチームメンバー全員の成長と幸福の達成を目標としております。メンバーは勉強したことを教えあい、自律的に成長する組織を目指しています。ダイバーシティーを尊重し、メンバーがライフステージに合わせて働きやすい環境の整備を進めています。

私たちと一緒に働いてくれる志を持つ若手医師を心よりお待ちしております。


亀田総合病院 呼吸器内科 2019年度 目標と原則

3つの目標(2019年度)

  1. Office365を活用して業務効率化を行い、医師がゆとりを持って、質の高い診療をできるようにする。
  2. 初期研修医・後期研修医に先進的な医学教育を提供する。
  3. 各種媒体(書籍、論文、Web、 SNS)による情報発信を強化する。

10個の原則

  • メンバーは呼吸器内科のすべての分野の診療を行う。
  • メンバー全員が、対等な関係で役割を担う(=イコールパートナーシップ)。
  • メンバーは、周囲への感謝を忘れず、謙虚さを保ち、自分自身の人間性も磨いていく。
  • メンバーが勉強したことを教え合うことで、自律的に成長する。
  • 特定の医師に仕事が偏らないように、役割分担は定期的に更新する。
  • 業務に関わる情報はオープンにしてチーム全員でシェアする。
  • 学術活動や勉強の機会が均等になるように、全員で助け合う。
  • チームルールは皆で話し合いフェアに決めていく。
  • ダイバーシティーを尊重し、メンバーがライフステージに合わせて働きやすい環境を整備する。
  • 教育においては、科内レクチャーなど研修医に門戸を開き、メンバーの成長と組織の活性化を目指す。