半月板損傷

【半月板とは】

膝関節の中で大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の隙間に位置しています。膝関節の内側と外側に一つずつあり、それぞれ「内側半月板(MM:Medial Meniscus)」、「外側半月板(LM:Lateral Meniscus)」と呼びます。半月板は通常三日月状の形をしていますが、中には生まれつき半月板が大きい「円盤状半月板」の方もいます。半月板は俗に「膝のクッション」と言われていますが、膝関節の安定化、滑液(関節の中を満たしている液体)の循環、荷重の分散化などの役割も持っています。

【受傷機転】

半月板損傷はスポーツにおける怪我によるもの、加齢による変性で起こるものがあります。スポーツでは、前十字靭帯や側副靭帯の損傷に合併して起こるものや、ターン動作などで膝に捻りが加わった場合に損傷します。変性では、加齢により半月板が傷みやすくなっており、日常のちょっとした動作による軽微な外力で損傷します。

【半月板が損傷すると】

半月板損傷には様々な切れ目や形状がありますが、主に「縦断裂」、「横断裂」、「水平断裂」などがあります。
半月板が損傷すると、膝の曲げ伸ばしで痛みが出たり、膝の中で引っかかるような症状が出ます。

症状が深刻なものは、膝関節の中に関節液が溜まったり(俗に「膝に水が溜まる」こと)、切れた半月板が関節の間にはまり込み関節が動かなくなる「ロッキング」を引き起こします。
このような「引っかかり」や「ロッキング」の症状を繰り返していると、膝関節の軟骨を損傷し変形性関節症に移行しやすいと言われています。
そのため、引っかかりやロッキングが頻回に起こる場合は手術の必要性が高まります。

【手術療法】

半月板の手術は関節鏡という内視鏡を用いて、「縫合術」と「切除術」の2種類を行っています。
半月板は部位により栄養方法が異なるため、半月板の断裂部位によって手術方法が変わります。

半月板の外縁では血管から栄養が供給されており、内縁では関節液から供給されています。組織が癒合、修復するには血液が必要です。
外縁は血流が豊富なため縫合することにより癒合することが期待できます。そのため断裂部が外縁の場合、主に縫合術が選択されますが、半月板の損傷程度がつよく縫合するための糸がかかりにくい場合など縫合できないと判断した場合は部分切除が行われます。

内縁は血流が乏しいため縫合を行っても癒合する可能性が低くなります。そのため断裂部が内縁の場合は部分切除が行われます。
通常半月板の関節鏡手術は膝前方の二つの皮膚切開(ともに5mm程度)を用いて行います。当院でもほとんどの症例をこの方法で行っております。しかし、この皮膚切開では後方の半月板の損傷を見逃すことがあり、結果的に術後に症状が残存している患者様が当院に紹介されてくることが多いです。

このため、当院では必要に応じて後内側もしくは後外側の皮膚切開を追加することがあります。これらはいずれも約1cm程度の皮膚切開ですが、作成するのが技術的に困難なため、多くの病院では行われていません。

しかし、先に述べた通り、このために半月板の手術がきちんと行われないのは問題と我々は考えており、当院では必要に応じてこういった方法もとらせていただいておりますことをご了承ください。

【術後リハビリ】

半月板手術のリハビリは部分切除した場合と、縫合した場合で変わります。切除した場合は痛みに合わせて体重をかけ、膝を動かすことが出来ます。それに対して縫合した場合は、術後4週間は足を着くことや膝の動きが制限されます。

【出典】

1) DeLee: DeLee and Drez's Orthopaedic Sports Medicine, 3rd ed,volume2,2009,Saunders,p1596-1619

2) Elias S. Kotsovolos:Results of All-Inside Meniscal Repair With the FasT-Fix Meniscal Repair System,Arthroscopy Volume 22, Issue 1, January 2006, Pages 3-9

3) Andrew L. Haas et al:Meniscal repair using the FasT-Fix all-inside meniscal repair device,Arthroscopy ,Volume 21, Issue 2, February 2005, Pages 167-175