リンパ浮腫治療について

対象患者様:乳がんの手術後で手や腕にむくみが出ている方、乳がん手術でわきのリンパ節廓清術を行なった方、乳がんの治療後で腕にしびれやだるさ、蜂窩織炎(腕が赤くなって熱っぽくなる)を経験したことがある方

〜治療までの流れ〜

初診:過去の乳がん手術内容や既往歴・現病歴の確認、腕の計測、浮腫の診察

診断:ICGリンパ管造影、超音波検査(外来で可能)
   リンパシンチグラフィ、SPECT-CT(後日要予約)
   ※ご希望の場合に限り、検査結果を一緒に見て頂きながら現状のご説明をします。

治療:@複合的理学療法−包帯やスリーブなどによる圧迫療法、リンパドレナージ、スキン ケア、運動療法など    A外科治療−重症度に応じて、以下の3つの術式から選択します。
    I.リンパ管細静脈吻合術(LVA: lymphaticovenular anastomosis, 下写真参照)
    II.血管柄付きリンパ節移植術(LNT: lymph node transfer)
    III.脂肪吸引術(LS: liposuction)

当院では、国内外で800例以上のリンパ浮腫手術・診療を行ってきた医師が診察、執刀致します。また、高度なトレーニングを受けたリンパセラピスト(看護師、理学療法士など)と共にチーム医療にて診療を担当します。既存の複合的理学療法と最新の外科治療を融合させることで、科学的根拠に基づき、より確実な効果が得られる治療を行って参ります。

受診のご予約

亀田クリニック
予約センター TEL:04-7099-1111

亀田京橋クリニック
予約センター TEL:03-3527-9201 ※3月より外来新設予定