2016年度の業績

亀田京橋クリニック 感染症内科外来患者数
亀田総合病院 感染症科患者数
原著論文
和文
商業誌等
学会・研究会
講演

亀田京橋クリニック 感染症内科外来患者数(延べ患者数)

外来患者数・・・789人
渡航外来患者数・401人
合計・・・・・ 1190人

亀田総合病院 感染症科患者数(延べ患者数)

外来患者数(総合内科外来含む)・7108人
入院患者数(主科)・・・・・・・・ 22人
合計・・・・・・・・・・・・・・7130人

原著論文

  1. Suzuki H, Hase R, Otsuka Y, Hosokawa N. A 10-year profile of enterococcal bloodstream infections at a tertiary-care hospital in Japan. J Infect Chemother. 2017 Jun;23(6):390-393. doi: 10.1016/j.jiac.2017.03.009. Epub 2017 Apr 4. PubMed PMID: 28385565.

  2. Takeshita N, Kawamura I, Kurai H, Araoka H, Yoneyama A, Fujita T, Ainoda Y, Hase R, Hosokawa N, Shimanuki H, Sekiya N, Ohmagari N. Unique characteristics of community-onset healthcare- associated bloodstream infections: a multi-centre prospective surveillance study of bloodstream infections in Japan. J Hosp Infect. 2017 May;96(1):29-34. doi: 10.1016/j.jhin.2017.02.022. Epub 2017 Feb 27. PubMed PMID: 28377180.

  3. Sada R, Uno S, Hosokawa N, Komiya T. Prosthetic valve endocarditis caused by Bartonella henselae presenting as recurrent fever and imitating granulomatosis with polyangiitis. J Formos Med Assoc. 2017 Apr 23. pii: S0929-6646(16)30389-8. doi: 10.1016/j.jfma.2017.04.001. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 28446372.

  4. Uno S, Hase R, Kobayashi M, Shiratori T, Nakaji S, Hirata N, Hosokawa N. Short-course antimicrobial treatment for acute cholangitis with Gram-negative bacillary bacteremia. Int J Infect Dis. 2017 Feb;55:81-85. doi: 10.1016/j.ijid.2016.12.018. Epub 2016 Dec 24. PubMed PMID: 28027992.

  5. Uno S, Hase R, Toguchi A, Otsuka Y, Hosokawa N. Pyelonephritis with bacteremia caused by Listeria monocytogenes: A case report. J Infect Chemother. 2017 Feb;23(2):111-113. doi: 10.1016/j.jiac.2016.08.006. Epub 2016 Sep 2. PubMed PMID: 27600175.

  6. Ishifuji T, Sando E, Kaneko N, Suzuki M, Kilgore PE, Ariyoshi K, Morimoto K, Hosokawa N, Yaegashi M, Aoshima M; Adult Pneumonia Study Group - Japan (APSG-J). Recurrent pneumonia among Japanese adults: disease burden and risk factors. BMC Pulm Med. 2017 Jan 11;17(1):12. doi: 10.1186/s12890-016-0359-1. PubMed PMID: 28077107; PubMed Central PMCID: PMC5225545.

  7. Ainoda Y, Takeshita N, Hase R, Mikawa T, Hosokawa N, Kawamura I, Kurai H, Abe M, Kimura M, Araoka H, Fujita T, Totsuka K, Mezaki K, Sekiya N, Ohmagari N. Multicenter study of the clinical presentation of Staphylococcus lugdunensis bacteremia in Japan. Jpn J Infect Dis. 2016 Dec 22. doi: 10.7883/yoken.JJID.2016.130. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 28003590.

  8. Suzuki H, Hase R, Otsuka Y, Hosokawa N. Bloodstream infections caused by Streptococcus anginosus group bacteria: A retrospective analysis of 78 cases at a Japanese tertiary hospital. J Infect Chemother. 2016 Jul;22(7):456-60. doi: 10.1016/j.jiac.2016.03.017. Epub 2016 Apr 30. PubMed PMID: 27142978.

和文

  1. 背部痛と全身倦怠感を主訴に受診した症例
    Author:佐藤 尚武(順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター 臨床検査科), 矢内 充, 江橋 正浩, 林 悠太, 増田 亜希子, 村上 純子, 細川 直登
    Source:臨床病理(0047-1860)64巻10号 Page1139-1145(2016.10)
    論文種類:症例検討会

  2. 抗菌薬治療中に再度感染増悪兆候を認めた79歳男性
    Author:濱田 洋平(佐賀大学医学部附属病院 感染制御部), 青木 洋介, 大曲 貴夫, 笠原 敬, 細川 直登, 北原 隆志, 吉澤 定子, 柳原 克紀
    Source:日本化学療法学会雑誌(1340-7007)65巻1号 Page39-43(2017.01)
    論文種類:症例検討会

  3. 腰痛を主訴に来院した87歳男性
    Author:平位 暢康(奈良県立医科大学 感染症センター), 笠原 敬, 大曲 貴夫, 細川 直登, 北原 隆志, 吉澤 定子, 柳原 克紀
    Source:日本化学療法学会雑誌(1340-7007)65巻1号 Page35-38(2017.01)
    論文種類:症例検討会

  4. くりかえす発熱と下痢を主訴に来院した35歳男性
    Author:武藤 義和(国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター), 大曲 貴夫, 忽那 賢志, 飯沼 由嗣, 齋藤 昭彦, 吉澤 定子, 細川 直登
    Source:日本化学療法学会雑誌(1340-7007)65巻1号 Page31-34(2017.01)
    論文種類:症例検討会

  5. 発熱・頭痛・排尿困難・振戦を呈した1例
    Author:櫻井 亜樹(聖路加国際病院 感染症内科), 大串 大輔, 舘田 一博, 古川 恵一, 古土井 春吾, 矢野 晴美, 細川 直登
    Source:日本化学療法学会雑誌(1340-7007)65巻1号 Page27-30(2017.01)
    論文種類:症例検討会

  6. Candida lusitaniaeによる急性腎盂腎炎に伴う真菌血症 症例報告
    Author:坪井 基行(国立国際医療研究センター病院 総合感染症コース), 宇野 俊介, 馳 亮太, 矢野 勇大, 山藤 栄一郎, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻2号 Page134-137(2016.03)
    論文種類:原著論文/症例報告

  7. Raoultella ornithinolyticaによる菌血症を伴った憩室炎を発症した1症例
    Author:宇野 俊介(亀田総合病院 感染症科), 馳 亮太, 橋本 幸平, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:日本臨床微生物学雑誌(0917-5059)26巻2号 Page136-140(2016.03)
    論文種類:原著論文/症例報告

商業誌等

  1. 【抗菌薬の使いかた 最適な治療で薬剤耐性対策を】 セミナー 実地医家が実践すべきガイドラインを踏まえた感染症治療 細菌性髄膜炎
    Author:清水 彰彦(亀田総合病院 感染症科), 細川 直登
    Source:Medical Practice(0910-1551)34巻3号 Page393-398(2017.03)
    論文種類:解説/特集

  2. 感染症カンファレンス実況中継(Case 1) 急速に皮疹が出現した50歳代男性
    Author:細川 直登(亀田総合病院 感染症科), 瀧口 純司
    Source:J-IDEO(2432-7077)1巻1号 Page17-25(2017.03)
    論文種類:症例検討会

  3. 【肺炎への最新アプローチ-ジェネラリストの立場とスペシャリストの視点から】 治療 抗菌薬の使い分けや適応の基本的な考え方 ペニシリン系薬 アンピシリン,それともピペラシリン/タゾバクタム?
    Author:黒田 浩一(亀田総合病院 感染症科), 細川 直登
    Source:Medicina(0025-7699)54巻1号 Page72-75(2017.01)
    論文種類:解説/特集
    DOI:10.11477/mf.1402224556

  4. 【感染症対策update-ひろげない,ふやさない,もらわない】 外来・在宅・特殊環境における感染症予防 集中治療室における感染症の予防
    Author:鈴木 啓之(亀田総合病院 感染症科), 細川 直登
    Source:内科(0022-1961)118巻5号 Page941-946(2016.11)
    論文種類:解説/特集

  5. 【感染症診療-その常識は正しいか?-】 38℃以上の発熱患者には血液培養を採取する?
    Author:藤田 浩二(鉄蕉会亀田総合病院 感染症科), 細川 直登
    Source:救急・集中治療(1346-0935)28巻7-8号 Page617-621(2016.07)
    論文種類:Q&A/特集

  6. 【抗菌薬の考え方,使い方-ホントのところを聞いてみました】 その他 外傷・動物咬傷
    Author:三好 和康(亀田総合病院 感染症科), 細川 直登
    Source:Medicina(0025-7699)53巻7号 Page1034-1036(2016.06)
    論文種類:Q&A/特集
    DOI:10.11477/mf.1402224228

学会・研究会

  1. 血液培養から検出され治療を要したCorynebacterium spp.菌血症の臨床的特徴
    Author:細川 直登(亀田総合病院 感染症科), 大塚 喜人, 西野 諒
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻臨増 Page345(2017.03)
    論文種類:会議録

  2. G群溶血性連鎖球菌菌血症における全身痛の頻度と臨床的特徴
    Author:清水 彰彦(亀田総合病院 感染症科), 早野 聡史, 黒田 浩一, 安間 章裕, 鈴木 啓之, 鈴木 大介, 大塚 喜人, 馳 亮太, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻臨増 Page326(2017.03)
    論文種類:会議録

  3. 当院におけるBacillus cereus菌血症の臨床的特徴
    Author:安間 章裕(亀田総合病院 感染症科), 鈴木 啓之, 鈴木 大介, 馳 亮太, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻臨増 Page321(2017.03)
    論文種類:会議録

  4. Clostridium difficile infection診断における遺伝子検査とCD toxin検出検査の比較
    Author:細川 直登(亀田総合病院 感染症科), 大塚 喜人
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻臨増 Page304(2017.03)
    論文種類:会議録

  5. 亀田総合病院における過去3年間のEnterobacter cloacae菌血症57例とEnterobacter aerogenes菌血症40例の臨床的特徴の比較
    Author:早野 聡史(亀田総合病院 感染症科), 清水 彰彦, 黒田 浩一, 安間 章裕, 鈴木 啓之, 鈴木 大介, 馳 亮太, 橋本 幸平, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻臨増 Page298(2017.03)
    論文種類:会議録

  6. 高齢者に対する季節性インフルエンザワクチン接種はインフルエンザウイルス性肺炎と肺炎球菌性肺炎を予防するか
    Author:鈴木 基(長崎大学熱帯医学研究所 臨床感染症学分野), Dhoubhadel Bhim Gopal, 桂田 直子, 山藤 栄一郎, 石藤 智子, 金子 教宏, 八重樫 牧人, 細川 直登, 青島 正大, 有吉 紅也, 森本 浩之輔, 安波 道郎, Adult Pneumonia Study Group-Japan(APSG-J)
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻臨増 Page270(2017.03)
    論文種類:会議録

  7. 23価肺炎球菌ワクチンと4価インフルエンザワクチンの同時接種と逐次接種の免疫原性 無作為化オープンラベル非劣性試験
    Author:中島 啓(亀田総合病院 呼吸器内科), 青島 正大, 山脇 聡, 根本 祐宗, 長谷川 真也, 野間 聖, 三沢 昌史, 細川 直登, 八重樫 牧人, 大塚 喜人
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻臨増 Page270(2017.03)
    論文種類:会議録

  8. Bacteroides fragilisによる化膿性椎体炎の1例
    Author:黒田 浩一(亀田総合病院 感染症科), 安間 章裕, 鈴木 大介, 橋本 幸平, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:日本臨床微生物学雑誌(0917-5059)27巻Suppl. Page398(2016.12)
    論文種類:会議録/症例報告

  9. MALDI-TOF MSにより同定できたLactococcus lactis胆管炎・菌血症の1例
    Author:清水 彰彦(亀田総合病院 感染症科), 橋本 幸平, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:日本臨床微生物学雑誌(0917-5059)27巻Suppl. Page344(2016.12)
    論文種類:会議録/症例報告

  10. HIV合併ニューモシスチス肺炎に対してステロイドとST合剤治療後、サイトメガロウイルス肺炎を来した1例
    Author:西原 悠二(亀田総合病院 総合内科), 清水 彰彦, 藤田 浩二, 細川 直登, 佐田 竜一
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻1号 Page83-84(2017.01)
    論文種類:会議録/症例報告

  11. リファンピシンによる甲状腺機能低下症を発症した高齢者結核の1例
    Author:濱田 祐斗(亀田総合病院 リウマチ・アレルギー内科), 佐藤 暁幸, 細川 直登, 本島 新司
    Source:日本老年医学会雑誌(0300-9173)53巻4号 Page446(2016.10)
    論文種類:会議録/症例報告

  12. 持続静注投与法を用いた外来静注抗菌薬療法(OPAT)は化膿性椎体炎の治療に有用か?
    Author:馳 亮太(亀田総合病院 感染症科), 安間 章裕, 清水 彰彦, 藤田 浩二, 鈴木 啓之, 三好 和康, 宇野 俊介, 鈴木 大介, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻3号 Page407-408(2016.05)
    論文種類:会議録

  13. 薬剤師主導のインフルエンザHAワクチン接種プロトコールの実践
    Author:桝田 浩司(鉄蕉会亀田総合病院 薬剤部), 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻3号 Page393(2016.05)
    論文種類:会議録

  14. Streptococcus anginosus groupによる菌血症合併尿路感染症の6症例
    Author:鈴木 啓之(亀田総合病院 感染症科), 鈴木 大介, 馳 亮太, 細川 直登, 戸口 明宏, 大塚 喜人
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻3号 Page386(2016.05)
    論文種類:会議録

  15. Mycobacterium abscessusによる外耳道炎から中耳炎を発症した症例
    Author:細川 直登(亀田総合病院 感染症科), 鈴木 大介, 鈴木 啓之, 安間 章裕, 大塚 喜人, 戸口 明宏, 吉田 敦
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻臨増 Page374(2016.03)
    論文種類:会議録/症例報告

  16. 過去10年分の血液培養検査で検出されたStaphylococcus schleiferi症例の疫学と臨床像
    Author:藤田 浩二(亀田総合病院 感染症科), 清水 彰彦, 安間 章裕, 鈴木 啓之, 宇野 俊介, 三好 和康, 鈴木 大介, 馳 亮太, 橋本 幸平, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻臨増 Page332(2016.03)
    論文種類:会議録

  17. 稲穂による接触性皮膚炎・自家感作性皮膚炎を契機としたStaphylococcus aureus菌血症・化膿性椎体炎・傍椎体膿瘍の一例
    Author:玄 安理(亀田総合病院 卒後研修センター), 細川 直登, 馳 亮太, 鈴木 大介, 宇野 俊介, 三好 和康, 藤田 浩二, 鈴木 啓之, 清水 彰彦, 安間 章裕, 大塚 喜人, 戸口 明宏, 橋本 幸平
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻臨増 Page330(2016.03)
    論文種類:会議録/症例報告

  18. 亀田総合病院過去9年間におけるStreptococcus agalactiae菌血症の成人96例の臨床的特徴
    Author:三好 和康(亀田総合病院 感染症科), 馳 亮太, 清水 彰彦, 安間 章裕, 鈴木 啓之, 藤田 浩二, 宇野 俊介, 鈴木 大介, 橋本 幸平, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻臨増 Page311(2016.03)
    論文種類:会議録

  19. 当院におけるStreptococcus pyogenes菌血症の臨床的特徴の検討
    Author:安間 章裕(亀田総合病院 感染症科), 清水 彰彦, 藤田 浩二, 鈴木 啓之, 三好 和康, 宇野 俊介, 鈴木 大介, 馳 亮太, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻臨増 Page311(2016.03)
    論文種類:会議録

  20. 亀田総合病院におけるKlebsiella pneumoniae菌血症とKlebsiella oxytoca菌血症の臨床的特徴に関する後方視的検討
    Author:清水 彰彦(亀田総合病院 感染症科), 安間 章裕, 藤田 浩二, 鈴木 啓之, 三好 和康, 宇野 俊介, 鈴木 大介, 馳 亮太, 橋本 幸平, 戸口 明宏, 大塚 喜人, 細川 直登
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻臨増 Page248(2016.03)
    論文種類:会議録

  21. 第90回日本感染症学会総会 シンポジウム4
    感染症診断の進歩 検査法の進歩で感染症診療、感染対策がどのように変わるか 新しい感染症検査と臨床応用のギャップ どのように利用するべきか
    Author:細川 直登(亀田総合病院 感染症科)
    Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻臨増 Page149-150(2016.03)
    論文種類:会議録

  22. 救急部門における感染症診療のポイント
    Author:細川 直登(亀田総合病院 感染症科)
    Source:日本臨床救急医学会雑誌(1345-0581)19巻2号 Page199(2016.04)
    論文種類:会議録

講演

  1. 細川 直登:平成28年度抗菌化学療法・感染制御専門領域薬剤師研究会:感受性データの読み方(2016.7.9)

  2. 細川 直登:日本臨床微生物学会主催 第23回日本臨床微生物学会教育セミナー:重症感染症の治療(抗菌薬、補助治療)」(2016.9.10~9.11)

  3. 細川 直登:2016年度認定看護師教育課程(認知症看護コース):(2017.9.17)

  4. 細川 直登:平成28年度認定臨床微生物検査技師制度 指定講習会:抗菌薬の特徴・体内動態と副作用(2016.10.8)

  5. 細川 直登:第12回リウマチと感染症研修会講演:(2016.10.22)

  6. 細川 直登:平成28年度感染制御専門薬剤師講習会:抗菌薬適正使用(2016.11.12)

  7. 細川 直登:第15回さいたま感染症勉強会 教育講演(2016/11/25)

  8. 細川 直登:みつわ台総合病院 感染症講習会(2016.12.1)

  9. 細川 直登:平成28年度感染制御専門薬剤師講習会:抗菌薬適正使用(2017.3.11)

  10. 細川 直登:エビハラ病院内感染症対策講演(2017.2.1)

  11. 細川 直登:埼玉協同病院 研修医対象の感染症カンファレンス講演(2017.3.31)