発生頻度と傾向

    くも膜下出血の発症は人口10万人に対し10〜20人といわれてきました。
    しかしこれは地域によって大きく異なります。
    若い方がたくさん住む都会では発症する方が少ないため頻度は低く、逆に高齢者が多い地域では発症頻度は高くなります。
    秋田県のデータでは、男性は60才台に、女性では70才台にくも膜下出血発症のピークが訪れます。
    今後「団塊の世代」がこのくも膜下出血発症の年代に入りますので、くも膜下出血は増加すると考えられています。


    くも膜下出血発症率

    ※男性は60歳台に、女性は70歳台にくも膜下出血の発症がピークを迎えます。
    高齢化はくも膜下出血の発症を増加させます。

    年齢別推計人口

    ※今後高齢化する団塊の世代は年を追うごとにくも膜下出血発症のピークに近づいてきます。
    今後くも膜下出血は増加することが予想されます。


このサイトの監修者

亀田総合病院
脳神経外科主任部長 波出石 弘

【専門分野】
破裂および未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術、脳血管の狭窄・閉塞病変に対するバイパス術、髄膜腫や聴神経腫瘍などに対する腫瘍摘出術、顔面痙攣や三叉神経痛に対する神経血管減圧術、脳動静脈奇形に対する摘出術、脳出血に対する血腫除去術