当科の特徴

当院では日本麻酔学会の認定病院の資格を受けており、現在、指導医5名、専門医6名、後期研修医5名、その他常時5から6名の初期研修医で手術室を運営しています。また、週2日のペインクリニック外来も開いています。

平成30年の総手術症例数は一万件を超え11,400例(亀田クリニックを含む)で、そのうち麻酔科管理症例数は7,016件です。各科の内訳は消化器外科945、呼吸器外科242、乳腺外科692、心臓外科243、整形外科864、泌尿器科1,031、産婦人科694、ウロギネ科373、脳神経外科125、耳鼻科355、口腔外科123、形成外科271、小児外科70、腎移植科11、血液腫瘍内科3、心療内科168、循環器内科31、脊椎外科350、スポーツ医学321、生殖医療科84、呼吸器内科2、です。

現在手術室数は18室あり、TAVIなどの血管内治療を始め心臓外科、産科麻酔、小児麻酔など全科の麻酔が行われています。神経ブロック用エコー、食道エコー、手術室モニターを初めとし麻酔関連器具も最新の物を揃えており麻酔科医にとって最も働きやすい環境になっています。

新麻酔科専攻医制度にいち早く対応し、基幹研修病院である当院は豊富な症例を持つため、他の病院へ出向することなく、当院のみで麻酔科専門医の受験資格に必要な麻酔症例を得る事ができます。
新たにアイオワ大学麻酔科より植田健一先生を迎え心臓血管麻酔フェローシップコースを設けました。心臓麻酔に特化したプログラムで心臓麻酔周術期管理、経食道・経胸壁エコー、小児心臓麻酔等を学び心臓麻酔専門医取得を目指したコースです。また従来どおり当院の集中治療部を利用した集中治療医を目指すコースも継続しています。
当院はペインクリニックの認定病院であり、高周波熱凝固法、硬膜外脊髄電気刺激療法も積極的に取り組み、ペインクリニック医を目指す先生も研修も可能です。
→ 研修医募集サイト 麻酔科専門医研修プログラム

亀田総合病院では二十四時間預かり可能な認定こども園OURS(アワーズ) http://www.kosodate-ours.jp/ も敷設しており、女性医師のキャリアを大変進めやすい環境となっています。