ページの先頭です

お知らせ

ベトナム-日本の介護人材育成等の取組みを鴨川から発信 2018/10/04

学校法人鉄蕉館・社会福祉法人太陽会

 ベトナムダナン市のドンア大学(副理事長:Sam Luong Minh(写真中央)、所在地: ベトナム ダナン市)・学校法人鉄蕉館(理事長:亀田省吾(写真右端)、所在地:千葉県鴨川市)・社会福祉法人太陽会(理事長:亀田信介、本部:千葉県鴨川市(写真左端) は、2018 年 9 月 27 日に『介護人材育成等に関する基本協定書』を締結しました。

 この協定は、ドンア大学看護学部の学生を鉄蕉館が運営する亀田医療技術専門学校日本語学科に留学させ、その後、専門学校に「介護福祉学科(2020 年 4 月開設の方向で検討中)」 に進学、介護福祉士資格を取得し、太陽会等の介護施設に職員として採用する枠組みに合意したものです。
 今後、協定に基づく覚書を締結、2019 年 4 月以降、毎年 4 月に 20 名程度(2019 年 4 月
は 10 名程度)の留学生受入を予定しています。
 また、介護職員不足に悩む近隣の福祉・介護事業者にもこのしくみへの参加を呼びかけ、地域に貢献していく予定です。

報道機関からの問合せ先

学校法人鉄蕉館   理事長特命補佐   堀    強 (04-7099-1211)
社会福祉法人太陽会 事業企画部     鈴木 美貴子 (04-7098-3710)

ご参考

背景

 少子高齢化が進展し、18 歳人口が純減していく中、国内のみで介護人材を確保していくことは事実上困難になり、介護職員は計画して雇えない状態となってきた。厚生労働省によれば、介護人材の不足は、2025 年日本全体で 377 千人(千葉県 23 千人)不足すると言われている。両法人は看護人材育成に力を入れてきたが、介護人材の育成も喫緊の課題と考え、
2017 年 8 月、内閣官房(健康・医療戦略室)のお誘いを受け、ベトナムホーチミンで開催された APEC 関連イベント(マルチステークホルダーフォーラム)の展示ブースに参加し、アジアの諸国に日本式の介護を紹介した。その時知己になった方から、ベトナムダナン市のドンア大学と交流の申出があり、お互い協議を重ね、今回の協定締結に至った。

※ドンア大学:2002 年創立の私立大学 学生数 約 8000 人

以上

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ
  4. ベトナム-日本の介護人材育成等の取組みを鴨川から発信