ページの先頭です

お知らせ

(仮称)太陽会複合施設 新築工事地鎮祭 2018/02/02

高齢者施設と保育所がひとつの建物に!

平成30年12月1日オープン予定!

社会福祉法人太陽会(理事長:亀田信介)では、このたび、亀田総合病院の西側(鴨川市東町)(現状:職員駐車場)に、「(仮称)太陽会複合施設」を新規に建設する運びとなり、1月31日(水)午前9時30分から、建設予定地にて地鎮祭を執り行いました。
神事には、亀田信介理事長をはじめとした太陽会関係者、設計管理者である一級建築士事務所モノリス、施工者である(株)フジタ、来賓に千葉県議会ならびに鴨川市、鉄蕉会関係者などが列席し、鍬入之儀、玉串奉奠などが厳粛に執り行われました。

施設は、高齢者向け通所リハビリテーション施設と0~2歳児向け保育所の複合施設で、建築面積701.97㎡、延床面積1,696.31㎡、2018(平成30)年12月1日、利用開始となる予定です。
鉄筋コンクリート造3階建てで、
 1階は、介護老人保健施設たいよう 通所リハビリテーション事業 <増築>
 2階は、企業主導型保育事業「あわーず ベビー」 <新設> ※亀田総合病院との共同設置事業
 3階は、事務室等が設置される予定です。

通所リハビリテーション事業の増設

介護老人保健施設たいよう(鴨川市東町)に併設の通所リハビリテーション事業は、1995(平成7)年5月にオープンして以来、長時間のサービス利用者が大半でしたが、近年は、短時間の通所リハビリテーションのご利用者が増加しています。短時間のリハビリに特化した場所を増築し、亀田グループならではの専門性の高いサービスを提供することで他との差別化を図り、ご利用者満足の向上を目指します。
定員はそのままで、スペースを増築しますので、竣工後は、双方が余裕のある空間となり、今より更に充実したサービスをご利用いただけます。

企業主導型保育事業「あわーず ベビー」の新設

認定こども園OURS(鴨川市広場)(定員391名)は、2016(平成28)年4月オープンしましたが、利用希望者が想定を超え、特に0~2歳児クラスは利用枠いっぱいになっており、新たな入園希望にこたえられなくなっています。そこで、企業主導型保育事業(亀田総合病院との共同設置事業)を立ち上げる運びとなりました。

企業主導型保育所事業(亀田総合病院との共同設置・共同利用型)

  • 0歳から2歳児合計114名の受入れ予定です。

一時預かり事業

  • 365日稼動、定員8名
  • 主に乳児を対象に預かり、OURSの一時預かりとの差別化を図ります。

亀田信介理事長は、「定員114名の大きな保育所『あわーず ベビー』は、認定こども園OURSと連携し、鴨川を「日本一子育てのしやすいまち」にしたいと考えております。また、乳児と高齢者やそのご家族がふれあう機会がうまれ、すべての人々のQuality of Lifeの貢献につながれば幸いです」と述べています。

<完成予定図>(延床面積1,696.31㎡)
<建設予定地概観>(建設予定地、左後方は亀田総合病院)
<地鎮祭の様子>
<亀田信介理事長による鍬入之儀>
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ
  4. (仮称)太陽会複合施設 新築工事地鎮祭