亀田総合病院総合内科 外来診療セミナー

亀田総合病院総合内科 外来診療セミナー 参加者募集

毎年ご好評いただいている外来診療セミナーを開催してから今年で3回目となります。 亀田総合病院の総合内科には、最新のEBMに基づいた内科外来診療のノウハウがあり、全医師が共通した診療を日々実践しています。また、定期的にブラッシュアップした内容を研修医や他科医師対象にレクチャーを行っており、亀田総合病院内では毎年の恒例行事となっています。亀田の初期研修では2年目から定期外来研修がはじまり、総合内科がその指導を担っています。

今回のセミナーは、この院内レクチャーの総集編です。高血圧や脂質異常など外来でcommonな疾患の診療手順から、日本ではまだ浸透していない予防医療の内容まで、押さえておくべきポイントを絞ってわかりやすくレクチャー形式でお伝えします。 初期研修医1・2年目を対象にした内容です。1年後には内科外来をはじめる、もしくは内科外来診療の最新のevidenceを学びたい先生は、ぜひ参加してみてください。今後の研修に活かせる学びをきっと持ち帰っていただけることをお約束します。 この機会に、まだ見ぬ外来診療の世界をのぞいてみませんか?

セミナー概要

日時/会場
2019年5月26日(日)9時半~17時 in 東京 御茶ノ水トライエッジカンファレンス アクセス
目的
内科外来のcommonな疾患のマネジメントと明日から使える予防医療の知識を学ぶ
対象
初期臨床研修医
定員
50名 (事前申し込み制 下記リンク先ページのフォームよりお申し込みください)
※応募者が定員を超えた場合は、ご希望に添えないことがございます。あらかじめご了承ください。
※セミナー後に、亀田総合病院総合内科の後期研修プログラムを進路の選択肢の一つとして考えられている方向けの説明会も行います。出入り自由となっていますのでお気軽にご参加ください。
参加費
3,000円 (昼食含む。事前振込)
申込〆切
4月19日(金) 申込を締め切りました

*キャンセルポリシー
2週間前(5/11(土)まで):全額返金(手数料がかかることがあります)
それ以降(5/12(日)から):返金不可となります。ご注意ください。
※災害時は参加費のみご返金いたします。宿泊・交通費の補償はいたしかねます。

プログラム (外来診療セミナー+研修プログラム説明会)

  9:30
開場
  9:55
開会挨拶

(セミナー前半)

10:00-10:30
レクチャー①:高血圧
10:35-11:05
レクチャー②:脂質異常症
11:10-11:40
レクチャー③:糖尿病

----ランチョンセミナー---

11:45-12:00
科紹介
12:05-12:20
八重樫部長 挨拶「総合内科は日本の医療の救世主」

(セミナー後半)

12:30-13:00
レクチャー④:甲状腺
13:05-13:30
レクチャー⑤:慢性腎臓病
13:35-14:05
レクチャー⑥:ヘルスメンテナンス
14:20-15:30
総合内科研修プログラム説明会(希望者)
16:30頃-
懇親会・打ち上げ(希望者)

お問い合わせ先

亀田総合病院 卒後研修センター (千葉県鴨川市東町929)
E-mail: seminar@kameda.jp

亀田総合病院 総合内科研修プログラム

亀田総合病院では、内科全科で後期研修として一緒に働いてくれる人を募集しております。
総合内科の特徴としては、
① 充実した指導医、教育、環境
海外で臨床を経験した先生も含め、充実した指導医のもと、研修を行うことができます。新患が入院時、入院管理、外来においてしっかりとした指導、フィードバックを得ることができ、エビデンスに基づいた医療を実践しています。他科の指導医が行ってくれる後期研修医のためのレクチャーや同僚との症例検討会、Journal club、ミニレクチャーと数多くの学びの場があります。

② 多彩な疾患
周辺に急性期病院がないことからもcommonなものからまれなものまで多彩な症例が集まってきます。感染症、消化器内科、腎臓内科、代謝・内分泌、腫瘍、膠原病、診断未確定など常時70~90名ほどの入院管理を行っております。もちろん外来も週2コマあり、外来管理も学べます。

③ 学会活動
SGIM(Society of General Internal Medicine)などの海外への学会活動にも積極的に参加しております。海外のみでなく、内科地方会、日本病院総合診療学会、ACP (American college of physician) Japanでの発表もしております。その他、J hospitalistへの投稿や執筆の機会も得られます。

④ 自由なローテート
総合内科の研修だけでなく、他科のローテートの期間を設けられており、内科専門医の症例集めや関心のある専門科の研修、科によっては専門科との併行研修も可能です。総合内科に所属しながら内視鏡研修も可能です。

みんなで楽しく働く中で、入院でも外来でもエビデンスと患者さんの価値観に基づく最良の医療が提供できる内科医を目指しませんか?まずは一度見学に来てください。

TOP