後期研修医向けレクチャー 8月 アスペルギルス症の診断と治療

亀田総合病院呼吸器内科では、スタッフから後期研修医に向けたレクチャーを定期的に行っています。
8月は、中島が、アスペルギルス症の診断と治療について、侵襲性肺アスペルギルス症から慢性肺アスペルギルス症まで、最新知見について解説しました。
9月は、伊藤より間質性肺炎についてレクチャーを行う予定です。
スタッフも、後期研修医の先生達にレクチャーをすることで、最新情報について頭の中にまとめることができています。
教えることは学ぶことです。

*亀田総合病院呼吸器内科は、様々なバックグラウンドの医師が集まり、切磋琢磨しながら臨床・教育・研究に取り組んでいます。スタッフの募集については随時行っていますので、ご興味のある方は下記より応募下さい。

http://www.kameda.com/pr/pulmonary_medicine/recruit.html

200912img1.jpg

このサイトの監修者

亀田総合病院
呼吸器内科部長 中島 啓

【専門分野】
呼吸器疾患