池田貞勝先生が腫瘍内科特任部長として就任しました

2018年4月より、池田貞勝先生が腫瘍内科特任部長として就任しました。池田先生は米国で腫瘍内科研修を受けられ、終了後facultyとしてゲノム医療を専門にされていました。

ゲノム医療は2019年春からの保険収載に向けて、当院での実績を作る計画を着々と行っています。ゲノム医療は次世代の診療として、医療における多くの領域でポジティブな影響をもたらすことが期待されます。この領域は現在一部を除き黎明期で、新しい分野です。それを専門にしている池田先生が中心となり、関係する複数の科・医師と一緒に亀田でのゲノム医療を構築しています。

池田先生によるゲノム医療の系統講義も毎週やってもらっています。見逃した人にはビデオ学習できるようになっています。夏以降、本格的なゲノム診療も開始する予定です。亀田総合病院で研修すると米国式の腫瘍内科に加え、米国式のゲノム診療も学べるようになります。

ikeda.jpg