セファゾリンの供給減

詳細な理由はわかりませんが、セファゾリンの供給が減っていて、多くの医療機関が困っています。アンピシリン/スルバクタム、メトロニダゾールに続き、この1年抗菌薬の供給が安定していません。なぜこのような状況になっているのか、きちんと説明している会社はないように思います。ただ、そもそも製薬会社だけの問題なのでしょうか(販売を許可する際に、安定供給能力や質は評価しているとは思うのですが...)。なぜこのような状況に陥っているのか、きちんとに検証して、今後このようなことがないようにしていただきたいと思っています。

セファゾリンないと困りますね。黄色ブドウ球菌感染症の治療には必須ですので、そのほかの場合は代替薬で対応でしょうか(第2世代セフェム、第3世代セフェム、クリンダマイシンなど)。いろいろなメーリングリスト内でもさかんにdiscussionが行われています。

https://www.nichiiko.co.jp/medicine/files/o-cefazoli_i-20190228cI1.pdf


Tag:, ,