未破裂脳動脈瘤の破裂する頻度

健康成人の3〜6%は未破裂脳動脈瘤を有すると言われています。
これは大変な数字で、100人の健康な方にMRI検査をすると3人以上に未破裂脳動脈瘤が見つかることを意味します。
それでは発見された脳動脈瘤が全て破裂するのでしょうか。
この疑問に対してこれまで世界中の脳神経外科医が研究をしてきました。
一般的に、一年間に破裂する頻度は1〜2.3%(未破裂脳動脈瘤を有する方100人の中で一年間に1〜2.3人破裂するという意味です)だと報告されています。
しかし欧米での大規模研究では、1cm未満の小さな瘤が破裂することはきわめて稀で、1cm以上の瘤でも年に1%程度であるとの報告でした。
これには実際の体験から異論を唱える脳神経外科医が多く、現在日本ではその実態を調査する研究(UCAS: http://ucas-j.umin.ac.jp/)が行われています。
たとえば、破裂してくも膜下出血を起こし入院された方の瘤は、その80%が1cm未満のものであるからです。

大きな脳動脈瘤、複数の瘤を有する方、すでにくも膜下出血を起こしている方、喫煙者、女性などが破裂しやすいといわれています。
また脳動脈瘤の部位も問題で、内頸動脈や脳底動脈先端部、前交通動脈に存在する動脈瘤は破裂する危険性が高いといわれます。


このサイトの監修者

亀田総合病院
脳神経外科主任部長 波出石 弘

【専門分野】
破裂および未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術、脳血管の狭窄・閉塞病変に対するバイパス術、髄膜腫や聴神経腫瘍などに対する腫瘍摘出術、顔面痙攣や三叉神経痛に対する神経血管減圧術、脳動静脈奇形に対する摘出術、脳出血に対する血腫除去術