くも膜下出血の予防

くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂によって起こります。
この脳動脈には神経が行き渡っていないため、瘤ができても痛くも痒くもありません。
MRIが一般的でない時代はCTだけで検査していたので、この動脈瘤を破裂前に発見することは困難でした。
現在は頭痛やめまい、脳ドックなどでMRIを行いますので、痛みを伴わない簡単な検査で動脈瘤が発見されるようになりました。
この未破裂脳動脈瘤を発見し処置するのがくも膜下出血を予防する一番の方法です。
逆に言えばそれ以外に方法はないといえます。


このサイトの監修者

亀田総合病院
脳神経外科主任部長 波出石 弘

【専門分野】
破裂および未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術、脳血管の狭窄・閉塞病変に対するバイパス術、髄膜腫や聴神経腫瘍などに対する腫瘍摘出術、顔面痙攣や三叉神経痛に対する神経血管減圧術、脳動静脈奇形に対する摘出術、脳出血に対する血腫除去術