くも膜下出血(脳動脈瘤破裂)とは

くも膜下出血とは脳動脈の分岐部に瘤ができ、それが徐々に大きくなって破裂して起こります。
突然の頭痛と嘔気・嘔吐で発症します。
二日酔いや肩こりなどでも軽い頭痛を経験しますが、このくも膜下出血の場合は「これまで経験したことのない突然の頭痛」であり激烈です。
発症の日時や場所を正確に憶えているのも特徴です。
嘔気・嘔吐も強く、意識が混濁し呼吸が停止する場合も多くあります。


脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血

くも膜下出血


このサイトの監修者

亀田総合病院
脳神経外科主任部長 波出石 弘

【専門分野】
破裂および未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術、脳血管の狭窄・閉塞病変に対するバイパス術、髄膜腫や聴神経腫瘍などに対する腫瘍摘出術、顔面痙攣や三叉神経痛に対する神経血管減圧術、脳動静脈奇形に対する摘出術、脳出血に対する血腫除去術