ページの先頭です

子宮筋腫

1. 子宮筋腫とは

子宮筋腫は30歳以上の女性の20~30%にあるといわれる頻度の高い婦人科の病気です。

子宮筋腫は子宮の筋肉にできる良性腫瘍で、最も多いのは40歳代ですが、その発生・増大には女性ホルモンであるエストロゲンの影響が大きく関与していて、近年のライフスタイルの欧米化により筋腫ができる年齢が若年化しています。

子宮筋腫はそのできる場所により大きく分けて、子宮の外側に向けて発達する漿膜下筋腫、子宮の筋層内に発生する筋層内筋腫(最も多いタイプ)、子宮の内腔 へ向かって発育する粘膜下筋腫(茎ができてその先にぶらさがったものを有茎粘膜下筋腫といい、この筋腫が子宮口から膣内に飛び出したものを筋腫分娩といい ます)の3つのタイプがあり、症状にも違いがあります。

筋腫は1つとは限らず、大小いろいろな種類の筋腫を合わせ持つ場合が多く、軟らかい子宮の筋肉の壁の内外に固いコブが豆大福の豆のようにいくつもできると想像してください。

2. 子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状はその大きさだけではなく筋腫のタイプにより様々ですが、一般に漿膜下筋腫、筋層内筋腫、粘膜下筋腫の順に症状が強くなってきます。

主な症状は過多月経(月経量の増大)や月経困難症、不正出血などの月経異常が多いので、ご自分の月経が以前に比べてどうなのかということを意識してチェックしたいもの。特に粘膜下筋腫は小さいものでも過多月経の症状が強く、ひどい貧血になることもしばしばです。

漿膜下筋腫では大きくなるとしこりを自分で触れたり、圧迫感、腰痛、便秘、排尿障害を感じたりしますが、まったく自覚症状がない場合もあり、そのため相当 大きくなるまでご自分では気づかれないこともあります。また若い方では筋腫が不妊や流産・早産の原因になることもあります。

3. 子宮筋腫の診断

子宮筋腫は、問診、内診でほぼ診断できますが、更に筋腫の部位・数などの確認のために超音波検査や骨盤 MR などの画像診断を行ってその対処法を決めていきます。

4. 子宮筋腫の治療

子宮筋腫の対処法は1つではありません

子宮筋腫は30歳以上の女性の4人に1人という頻度の高い婦人科の病気ですから、多くの女性が婦人科検診時や月経にまつわる症状で婦人科を受診された時などに診断される機会があると思います。

子宮筋腫と診断されれば、すぐに手術を連想される方も多いでしょう。しかし、全ての子宮筋腫に治療が必要な訳ではありません。また積極的治療法にもいろいろな選択があり、患者さまの年齢、筋腫の大きさ、部位、症状の程度、妊娠出産の希望の有無などにより選択されます。
医師から症状についての十分な説明を受け、ご自身の希望を医師に十分伝え、納得したうえで治療法を選択され、最良の治療をお受けになることが大切です。

仲良く付き合う子宮筋腫もあります

小さな筋腫で特に貧血などの症状のないもの、ある程度の大きさと症状があっても閉経が近い年齢や閉経後の方などは、定期的に診察し経過を診ます。

ただし誤解されがちなのが“経過を診る”。これは放っておいて良いという意味ではありません。3ヶ月なり半年なり筋腫や症状の状態により必要なサイクルで 定期的に受診して頂き変化を見守っていくということなのです。子宮筋腫は月経がある限り大きくなり身体に悪影響を及ぼすようになる可能性があるのです。

積極的な治療法としては、手術療法や一時的に女性ホルモンを抑え筋腫を縮小させる薬物療法が行われます。

閉経が近い年齢で手術を希望されず、もう少し筋腫を縮小させて過多月経や月経困難症などのつらい症状を改善したまま閉経まで頑張って筋腫と付き合おうという場合や、手術を行う前にしばらくの間投与することもあります。

手術の種類もいろいろ-新しい治療法もあります

一般的に手術が考慮される方は、筋腫の大きさが手拳大以上、貧血などの症状が強い、筋腫の発育速度が速い、不妊や流産の原因と考えられる、閉経後でも大きな筋腫で増大傾向があり悪性化が疑われる時などです。

手術には子宮全体を切除する子宮全摘術と、筋腫のみを摘出する筋腫核出術があります。全摘術は、子宮筋腫を完全に治す唯一の方法で、月経やそれに伴うつらい症状もなくなりますが、両側卵巣は残りますので卵巣からの女性ホルモン分泌による女性らしさは変わらず、早く更年期になることもありません。若い年齢で妊娠を希望する場合には筋腫核出術が行われます。

また、開腹せずにカメラで子宮腔内から粘膜下筋腫を切除する方法や、子宮の栄養血管を人工的につまらせて筋腫の縮小をはかり種々の症状改善に有効な子宮動脈塞栓術(UAE)などの新しい治療法もあります。この治療に興味ある方は是非、主治医にご相談ください。