ページの先頭です

「地域医療支援部、総合相談室のご紹介」

2018/7/1

骨粗しょう症の治療は、お薬をしっかり飲み、病院への受診を続けることが大切になります。とは言っても、自宅が亀田総合病院から遠いなど、通うのが大変な方もいらっしゃるかと思います。無理なく治療を続けていただけるよう、お住まい近くの医療機関への橋渡しをソーシャルワーカーがお手伝いいたします。お気軽に総合相談室までご相談ください。

総合相談室

総合相談室は亀田総合病院Kタワー1階(「医療・介護・福祉相談」のカウンター)にあり、患者さまやご家族の様々な相談を日々受けております。ソーシャルワーカー、退院支援看護師、ケアマネジャーが在籍し、それぞれの専門性を活かした支援を行っています。

主な相談内容としては、

  • ご自宅や病院での療養上の不安
  • 退院にむけての不安
  • 医療費などの経済的な問題
  • 訪問看護などの在宅サービスの調整
  • 病院や施設等についての利用方法

などがあります。その他にも、入院生活や在宅療養生活でのあらゆる心配事の相談に対応しています。

顔の見える関係づくり『地域医療連携室』

亀田総合病院では色々な地域の医療機関、施設等との連携を図っています。入院中、退院後を含めた継続的な患者さまへの医療介護サービスを提供している地域医療支援部には、在宅医療、訪問看護、相談業務の3部門に加え、『地域医療連携室』があり、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなど17名のスタッフが関わっています。

南房総地域における医療・福祉・介護のすべてに関わるネットワークを有効活用することで、地域の皆さまが安心して生活を送れるよう、地域医療機関への窓口として他院との連絡調整を担っています。

また、地域の医療機関、施設、在宅事業所等への訪問を行っています。地域医療連携室スタッフの他、医師、看護師、ソーシャルワーカーも一緒に訪問し、関係機関の皆様との“顔の見える関係づくり”をし、よりスムーズな相談支援につなげています。訪問先は安房地域はもちろん、君津・夷隅・長生地域へも伺っています。既に100カ所を超える機関へ訪問しているほか、地域医療連携交流会や勉強会、研修会などの開催を通して、情報交換や交流を図っています。こうした地道な活動により連携医療機関の数も今や180施設を数えるほどになりました。今後も地域連携の輪を広げていくことで、患者さまがお住まいの地域で無理なく治療を続けていただけるよう努めてまいります。

総合相談室 開室時間

午前9時30分~午後5時(新規ご相談受付は午後4時まで)
電話04-7099-1223(直通)

脊椎脊髄外科のご案内

亀田総合病院 総合相談室 齋東清道