ページの先頭です

知っておきたい!小児外科の12のこと

2015/2/1

小児外科と聞いても、あまり縁がないためイメージがわかない人が多いでしょう。一般の人に小児外科医ですと伝えても、『あぁ~、小児科の先生ですか』と言われることが多いです。でもどちらかというと、小児科より外科の方が近いんです。
「小児を専門とする外科、手術をする科」と言えばイメージしやすいでしょうか。心臓や頭(脳神経外科、眼科、耳鼻科など)、骨(整形外科)以外の広い範囲を診療します。
主に消化器領域が多いですが、他に呼吸器や腎尿路系、生殖器などを診ています。小児外科の特徴としては、子供は成長していくので、子供の大きさに幅があることがあげられます。
身長50㎝・体重3kgの新生児から、中学生・高校生という大人と変わらない体格の子供まで。
なかには500~1,000gといった超低出生体重児に手術が必要となることもあります。

移動性精巣と停留精巣の治療

小児外科疾患で外来を訪ねる件数が一番多いのは、移動性精巣や停留精巣(または停留睾丸)です。
精巣、睾丸の病気ですので、もちろん男の子がなります。
精巣(睾丸、金玉の事です)は胎児の頃(生まれる前、お母さんのおなかの中にいる頃)にはおなかの中(腎臓の近く)で作られます。
これが生まれる前に足の方向へ降りてきて陰嚢の中に収まります。足の付け根で腹筋を貫くところを鼠径部(そけいぶ)といいます。

移動性精巣とは陰嚢の付け根のところ、やや高い位置に精巣があり、陰嚢の中に入ったり上に上がって触れなくなったりするために移動性精巣といいます。
それよりもっと高い位置、鼠径部や腹腔内に精巣があることを停留精巣といいます。特に症状は無いため、生まれたときや定期検診の際に指摘されて紹介されることが多いです。

停留精巣は将来的に精巣が育たない可能性やがん化のリスクが言われているため、1~3歳頃に手術を行うことになります。
移動性精巣は手術を行うべきかどうかの境目が難しいです。一言で表現をするならば、『最も下まで降りてくる状況で陰嚢内に収まっていれば手術はしなくて良い』です。精巣は、寒いとき、緊張したとき、泣いてるときなど高い位置に移動するのが当たり前です。お母さん方にはわかりにくいかもしれませんが、お父さん達は何となく理解してもらえるでしょう。

1歳半健診の時や外来受診の際は知らない白衣を着たおじさんに裸にされていろいろ触られるので、それだけでも恐怖です。金玉は縮みあがってしまいます。
精巣が良い位置にあるかどうかを見てもらう一番良い方法は、お父さんお母さんとお風呂に入る時です。湯船につかって、ゆっくり暖まって油断しているとき(これポイントです)にさりげな~く触ってみてください。このときに毎回でなくても陰嚢内まで精巣が降りてきていれば手術は行わなくて大丈夫です。

小児外科 松田 諭

鼠径ヘルニア

詳細を見る

臍へそヘルニア

詳細を見る

便秘

詳細を見る

胆道閉塞症

詳細を見る

異物誤飲、誤嚥(ごえん)

詳細を見る

虫垂炎

詳細を見る

麻酔

詳細を見る

放射線被ばく(前編)

詳細を見る

放射線被ばく(後編)

詳細を見る

不慮の事故

詳細を見る

腸重積(ちょうじゅうせき)

詳細を見る

肥厚性幽門狭窄症

詳細を見る
  1. HOME
  2. 患者さまへ
  3. 話題の病気・予防
  4. 話題の治療
  5. 知っておきたい!小児外科の12のこと