ページの先頭です

肺がんに対する胸腔鏡(内視鏡)による手術

2014/1/1

1. 肺がんに対する基本的な手術

肺がんに対する基本的な手術は肺葉という部位を肺がんと共に切除するものです。
右には3つの肺葉があり、左には2つの肺葉があります。
例えば右の上葉にできた肺がんは右の上葉と共に切除することが肺がんの基本的な手術です[図1]。

[図1]肺葉切除

2. 胸腔鏡下の肺葉切除術

以前は肺がんに対する肺葉切除は胸を大きく開けて(開胸)手術をしていましたが、近年では胸腔鏡と言う内視鏡を用いて手術が行われるようになりました[図2]。
胸腔鏡というカメラを胸の中に入れて、胸の中をテレビ画面に映し出し、テレビ画面を見ながら手術をします[図3]。

[図2]胸腔鏡下肺葉切除の皮膚切開、[図3]胸腔鏡下の肺がん根治術

3. 利点

その利点は傷が小さいため術後の痛みが少ないことです。
[図4]は術後の傷の痛みを術後1、3、5、7、14日目に胸腔鏡と開胸で比べたものです。開胸に比べると胸腔鏡は術後1週間の痛みが明らかに少ないことが判ります。
痛みが少ないので術後4日目には退院ができます。

[図4]術後の疼痛度

4. 術後の肺がん治癒率

[図5]は筆者が2004年に発表したものですが、胸腔鏡の治癒率は当時の開胸による肺がん手術と比べて優るとも劣らないことがわかりました。

[図5]肺がんⅠ期に対する術後生存率

呼吸器外科

呼吸器外科 診療内容

外来受診 予約センター

受診をご希望の方は予約センターにて、受診のご予約をお願いいたします。