ページの先頭です

超早期肺がんに対する胸腔鏡下肺部分切除

2013/12/15

1. CTによる小さな肺がんの発見率上昇

最近はCTが頻繁に撮られるようになり、小さな肺がんの発見率が上昇してきました。
[図1]は前がん状態と言って、まだ肺がんにはなっていませんがこのまま成長するといつかは肺がんになることが予測される病変です。
[図2]はその前がん状態が成長して超早期肺がんになったものです。)

[図1]前がん状態、[図2]超早期肺がん

2. 造影剤による病変のマーキングの必要性

しかし手術中にこのような小さな超早期肺がんの存在している場所を特定することは困難です。
理由は見ても触っても周囲の肺とほぼ同じ色同じ硬さだからです。そこで亀田総合病院では手術する前に造影剤で病変をマーキングする方法を行っています[図3]。
そうすると手術中にレントゲン写真(レントゲン透視)を写すことで病変の場所が特定できます。

[図3]小さな肺腫瘤に対するCTガイド化マーキング

3. マーキング後の胸腔鏡下の切除術

胸腔鏡手術は[図4]のように小さな孔を3か所つけるのみですので、通常の開胸の手術に比べると、痛みがほとんどなく、患者さまにとって優しい手術です。
[図5]は手術中のレントゲン透視写真で、造影剤でマークされた病変をリング状の鉗子でつかんだところです。
その部分のみを切除して手術はおよそ30分間で終了します。
[図6]は切除した標本の顕微鏡写真ですが、このような超早期肺がんでは楔状切除(部分切除)のみで治ります。

[図4]胸腔鏡による肺楔状切除
[図5]手術中のレントゲン透視写真
[図6]切除した標本の顕微鏡写真

呼吸器外科

呼吸器外科 診療内容

外来受診 予約センター

受診をご希望の方は予約センターにて、受診のご予約をお願いいたします。