ページの先頭です

早期肺がんに対する縮小手術・区域切除による肺機能温存手術

2013/11/15

1. CTによる小さな肺がんの発見率上昇

最近はCTが頻繁に撮られるようになり、小さな肺がんの発見率が上昇してきました。
[図1]は検診で発見された肺がんですが、左のレントゲン写真ですと肋骨に重なり見えにくいですが、CTを撮るとはっきりと病変が認められ、その所見より肺がんの疑いが濃厚であることが判ります。

[図1]定期健診で発見された肺がん
[図2]通常のレントゲン写真では写らない「超早期がん」

[図2]は超早期の肺がんです。左側の通常のレントゲン写真では全く見えませんが、CTでその存在が判ります。このように小さい肺がん、通常のレントゲンでは判りにくい肺がんがCTを撮ると良く判るようになります。日本はCTの数が世界一多く、日本のCTの数だけで、ヨーロッパ全土のCTの数より多いと言われています。そのためか、日本は世界一、早期の肺がんが発見されている国です。

2. 肺がんに対する手術方法

一般的には肺がんの手術は[図3]で示すような肺葉切除で行われてきました。
しかし近年のように小さな早期肺がんが見つかる現在では肺を小さく切除(縮小手術)して肺機能が温存するようになってきました。

[図3]肺葉切除

縮小手術には[図4]に示す区域切除と楔状切除があります。
区域切除は肺の根元まで切除する手術であり、肺がんの大きさが2-3CM以下であれば、肺葉切除と同じ治癒率を得ることができます。
一方、楔状切除は肺の端っこのみを切除して、根元は切除しません。肺の根元を切除した方が再発率は減少しますが、超早期肺がんの場合は楔状切除でも治ります。
(※図の出典は全て、特定非営利活動法人 日本肺癌学会です)。

[図4]縮小手術

文責:呼吸器外科 杉村 裕志
2019/7/5 更新

呼吸器外科 診療内容

外来受診 予約センター

受診をご希望の方は予約センターにて、受診のご予約をお願いいたします。

  1. HOME
  2. 患者さまへ
  3. 話題の病気・予防
  4. 話題の治療
  5. 肺がんで死なないために (タバコと肺がん)
  6. 早期肺がんに対する縮小手術・区域切除による肺機能温存手術