ページの先頭です

患者さま!あなたにできることは?

~自分自身の治療に参加しましょう!~

医療事故を防ぐための18のヒント

  • あなた自身が、医療チームの一員として積極的に参加する事で医療事故を防げます。
  • 入院の際は、あなたに必要な検査や治療を受けている患者が多い病院を選びましょう。
  • 入院している時は、あなたの直接接する事になる職員に手を洗ったか尋ねましょう。
  • 手術を受けるのなら、主治医や外科医全てがこれから行われることについて正確に理解している事を確認しましょう。
  • 質問もしくは気になることがあれば、遠慮せずに尋ねましょう。
  • かかりつけ医師などに、誰があなたの治療に責任をもっているか確認しましょう。
  • あなたに関する重要な健康上の情報を、医療職はしっているか確認しましょう。
  • 家族の一員や友人に一緒にいてくれるよう、また援助してくれるように頼みましょう。
  • なぜ検査や治療が「もっと」必要なのか、必ずもよいとは限らない事を知りましょう。
  • 検査結果がこないからといって、いい結果だと思いこまないでください。
  • 医師や看護師に尋ねるか信頼できる文献を用いて、あなたの症状や治療について知りましょう。
  • あなたが服用している薬について、あなたを担当する全ての医師は知っているか確認しましょう。
  • あなたが経験した薬のアレルギーや副作用について、医師は知っているか確認しましょう。
  • あなたが飲む薬について、理解できる言葉で説明してもらいましょう。
  • あなたが受け取った薬は、自分の主治医が処方した薬か確かめましょう。
  • 薬の飲み方で、1つでも分からないことがあれば質問しましょう。
  • あなたが飲んでいる薬が起こすかもしれない副作用について、文書で情報をもらいましょう。
  • 退院する時には、自宅での治療計画を主治医に説明してもらいましょう。
  1. HOME
  2. 患者さまへ
  3. 患者さま!あなたにできることは?