ページの先頭です

乳腺撮影(マンモグラフィ)

マンモグラフィ検査は、乳腺の形態のほか、しこりの形状、大きさ、性質を評価できます。乳腺の検査法としては、超音波(エコー)とならび主流と言ってよいでしょう。
乳腺の病気にはたくさんの種類や程度があり、エックス線と超音波ではそれを評価するのに適した病気が異なります。
エックス線は、特に石灰化の検出などに優れています。石灰化は、ときに腫瘤の存在を示唆する重要な所見とされています。
そのほかにも、腫瘤と周辺組織の関係から悪性度に関する所見を得ることもできます。

1. マンモグラフィ検査とは

  • しこりとして触ることが出来ない小さな病変も発見することが出来る撮影です。
  • 乳房は柔らかい組織であるため専用のX線撮影装置を使用します。
  • 乳房全体を上下と斜めから圧迫した状態で撮影します。

なおマンモグラフィで異常所見が見つかった場合、後日乳房組織のバイオプシー検査(マンモトーム生検)を行う事があります。

2. マンモグラフィを受けるのに良い状態の日は

乳腺は女性ホルモンとの関係があります。乳腺が硬く張ったり、痛みを感じたりすることはホルモンの影響と考えられます。この時期にあたる排卵から月経が始まる頃を避けると痛みが軽減されて良いとも言われています。

3. 圧迫撮影が必要な理由は

  • 圧迫撮影すると乳房の厚みが薄くなり、診断情報の高い写真が得られます。
  • 乳房の病気が疑われる50μm程度の微細石灰化やしこりの状態・広がりを写しだすためにも圧迫は必要となってきます。
  • 乳房を薄く広げて撮影することで被ばく線量も軽減されます。

4. マンモグラフィ検査の注意事項

  • 心臓ペースメーカー装着の方はお申し出ください。
    〔ペースメーカーを圧迫しないためです。〕
  • 乳房豊胸手術をしている方はお申し出ください。
    〔乳房を圧迫して豊胸パックに影響がでないようにするためです。〕
  • 妊娠中または、妊娠の可能性がある方はお申し出ください。
  • 乳房再建手術をしている方はお申し出ください。
  • 脳室-腹腔内シャント(水頭症手術の経験)がある方はお申し出ください。

5. 当院のマンモグラフィの品質について

当院はマンモグラフィ検診精度管理中央委員会・施設画像評価委員会の審査に合格し、マンモグラフィ検診施設として認定されています。
安心して検査を受けて頂けます。

医療法人鉄蕉会 医療ポータルサイトについて

本サイトは、 医療法人鉄蕉会 が運営しております。