ページの先頭です

超音波検査(腹部超音波検査)

おなかの触診代わりによく用いられる検査です。
検査は、洋服をまくり、おなかを出して仰向けに寝ていただきます。10分から15分ほどで終わります。食事は、取らないでお越しください。
腹部超音波検査では、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓などの臓器の診断にすぐれており腫瘍ができていないかどうか、他にも胆石や胆嚢ポリープ、肝炎、膵炎、前立腺肥大、子宮筋腫、卵巣腫瘍など多くの病気の診断に有効です。

又、装置の性能向上で、腸などの病気(憩室炎、急性虫垂炎など)の診断もある程度できるようになりました。お腹が痛い方は、必須の検査です。

肝血管腫

胆石

乳腺超音波検査

詳細を見る

甲状腺超音波検査

詳細を見る

心エコー検査(心臓超音波検査)

詳細を見る

経食道心エコー検査

詳細を見る

ドブタミン負荷心エコー検査

詳細を見る

胎児エコー検査(胎児超音波検査)

詳細を見る