ページの先頭です

肺機能検査

肺機能検査とは

肺の換気機能を調べる検査です。

肺活量 息をゆっくり限界まで吸ったり吐いたりしたとき、肺に出入りする空気の量を調べます。
努力性肺活量 限界まで吸った空気を出来るだけ急いで一気に吐き切ったときの空気の量で、どのくらい早く吐き切る事ができるかということから、気道の通りやすさを調べます。

検査方法

肺活量

機械に取り付けたマウスピースを口にくわえて、鼻から空気が漏れないようにクリップで留めた状態で呼吸をします。通常の呼吸を繰り返した後、限界までゆっくりと息を吸い、そのまま限界まで吐き出します。その後通常の呼吸に戻して、息の漏れがないことを確認して終了です。

努力性肺活量

肺活量検査と同様に、限界まで息を吸った後、できるだけ一気に強く息を吐き出し、そのまま限界まで吐き続けます。吐けなくなったら息を吸って終了です。

検査時間

10~15分

医療法人鉄蕉会 医療ポータルサイトについて

本サイトは、 医療法人鉄蕉会 が運営しております。