ページの先頭です

気道過敏性試験(アストグラフ)

気道過敏性試験(アストグラフ)とは?

気道過敏性が亢進する代表的な疾患は喘息です。 気管支平滑筋収縮作用のある薬をごく薄い濃度から吸入して気道過敏性亢進(気道抵抗上昇)の 有無と程度を調べます。

検査方法

お腹の動き・血中酸素濃度・呼吸状態を調べる3つのセンサーがある機械を就寝する前に患者様自身に取り付けをしていただきます。記録中何時に就寝・起床をしたか、夜中トイレなどで目覚めたのは何回あったか記録して頂きます。また、昼間の眠気についてアンケートを記入していただきます。翌日機器を返却していただき、専用の解析端末で臨床検査技師が解析をします。

検査時間

機器の装着説明で20分

医療法人鉄蕉会 医療ポータルサイトについて

本サイトは、 医療法人鉄蕉会 が運営しております。