ページの先頭です

胃内視鏡検査ってどんな検査?

検査の目的

胃内視鏡検査は、大人の小指ほど太さのスコープを口から挿入して、食道、胃、十二指腸を観察します。先端に内蔵されているCCD(ビデオカメラ)で、画像をモニタで観察し、同時に写真を撮ります。
一般に普及している検査ですから、安心して受診してください。ただ、検査の間(10分程度)は、つねに喉にものがはさまった感じがあります。

また、体に害のない安全な色素を散布し、詳しく観察することもあります。必要に応じ、胃の粘膜の一部を採取し(生検)、組織検査をする場合もあります。

これらを総合して病気の診断をします。結果は、基本的にその場でわかります。
ただ、組織検査を行った場合などは、結果がでるまで2週間程度かかります。

検査の手順

  1. 1 .検査に関する問診票にお答えいただきます。内容は、胃内視鏡検査の経験の有無、また、受けたことがある場合はその時の様子、現在かかっている病気、ふだん飲んでいるくすり、薬剤アレルギーの経験等です。
  2. 2 .胃のなかをきれいにするくすりを飲んでいただきます。(ガスコンドロップ)
  3. 3 .入れ歯、コルセット、お腹を絞めている腹巻、ガードルなどをお取りください。また、女性の方は、口紅をふき取ってお待ちください。
  4. 4 .胃の動きを抑えるくすりを注射します。(ブスコパン)ご希望があれば検査を楽に受けていただくためのくすりも一緒に注射します。(ドルミカム・オピスタン)
  5. 5 .のど(咽頭)に麻酔のくすりをスプレーし、指示に従い飲み込みます。少し苦いですが、ガマンして飲んでいただきます。(キシロカインスプレー)以前、わたしたちの施設でも使用していた、のどに含み貯めておく、ゼリー状のくすりよりだいぶ楽になっています。
  6. 6 .胃内視鏡は大人の小指ほど太さのスコープ:直径8~11mmくらいの細長い管状のものを口から挿入します。スコープは無理に飲み込もうとしなくても、自然に、抵抗無く入っていきます。何も感じない検査ではありませんが、決して痛くありません。呼吸も自然にできる、一般的な検査です。医師、スタッフの指示に従い、全身の力を抜いて、ゆったりした気持ちで受けてください。

通常、検査は10分程度で終わります。必要に応じ、胃の粘膜の一部を採取し(生検)、組織検査をする場合もあります。このときは、多少時間がかかります。

胃内視鏡を飲むコツ

何も感じない検査ではありませんが、決して痛みを伴う検査ではありません。小さなお子さんでも出来るごく一般的な検査です。

姿勢

肩や首の力を抜いて、リラックスした姿勢で。

嘔吐反射

スコープがのどを越えるとき、ゲッと軽く吐くような感じ(嘔吐反射)が起こりやすく、この検査で最もつらい瞬間です。
ここを過ぎてしまえば、あとはそれ程つらくはありません。

スコープの挿入

のどに力を入れて、無理に飲もうとすると、のどが締まってかえって挿入し難くなります。スコープは無理に飲み込もうとしなくても、自然に、抵抗無く入っていきます。

呼吸

スコープが入っている間も、呼吸は普通にできます。鼻から吸って、口から吐く、腹式呼吸でゆっくりと。

唾液

貯まった唾液を飲み込むと、咳き込みます。口のなかの唾液は、マウスピースの先端から自動的に吸い出すようになっています。

お薬

内視鏡検査の苦痛を軽減する目的で、検査前に鎮静薬(眠くなったり、気分を楽にするお薬)の静脈内注射を実施しています。患者さまのご希望を確認したうえ、医師の判断で、鎮静剤の注射を行います。

鎮静剤を利用したときの効果と注意点

効果
  • 不安や緊張を和らげます。
  • 内視鏡が喉を通過するときに起きる【嘔吐反射】を和らげます。
  • 眠いような状態になり、苦痛、緊張を和らげます。

※ 注射の効果に個人差がありますが、比較的楽に検査を受けていただくことができます。

注意点
  • 強い眠気がおこります。
  • 体のふらつきが生じます。
  • 吐き気やめまいが生じることがあります。

※ 検査後は待合室で、しばらく休憩していただきます。(ベッドやリクライニングチェアーを備えていますので、十分お休み頂けます。)

交通手段について
鎮痙剤による視力調整機能麻痺や、鎮静剤使用での半眠状態の持続など、注射による運転への障害が発生します。安全のため当日は運転での来院は避けていただいております。

検査に使用する薬の副作用

胃内視鏡検査で使用するお薬は以下のとおりです。
現在かかっている病気によっては使用できないこともあります。該当する方、薬剤アレルギーの経験のある方はお申し出ください。

お薬 使用できない病気と副作用
ガスコンドロップ 特になし
キシロカインスプレー 局所麻酔剤過敏歴(歯科の麻酔などでトラブルがあった方)
ブスコパン 心疾患、緑内障、前立腺肥大
グルカゴン (ブスコパンが使用できないとき) 糖尿病
ドルミカム 緑内障、呼吸抑制
オピスタン 呼吸抑制

検査後の注意事項

お食事

検査のあと1時間くらいは、のどに麻酔が効いています。1時間くらいたち、水を少量飲んでみて、むせないことを確かめてから食事をしてください。

お車の運転

検査前に使用した注射の影響がしばらく残ります。1時間ほどクリニック内で静養してからお帰りください。鎮静剤の静脈注射をした方は、1日(24時間)お車の運転はしないでください。

組織をとった方(生検した方)

まれに組織をつまんだ部位から出血することがあります。検査当日は激しい運動をせず、安静にしてください。飲酒や熱いお湯での入浴は、出血の原因となります。当日は禁酒とし、シャワー浴程度にとどめてください。食事は、検査後2時間くらいして、「おかゆ」や「うどん」のような消化のよいものをお摂りください。翌日からは、いつも通りで構いません。