Page Top

脊椎脊髄外科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

脊椎・脊髄・末梢神経の手術治療を専門に担当しています。

「手がしびれる」「箸がうまく使いにくい」「転びやすくなった」・・・、これらは頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)など、頚椎や末梢神経の病気でよく見られる症状です。
「ひどい腰痛がある」「坐骨神経痛で動くこともできない」「歩いていると足がしびれてくる」・・・、これらは腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎体圧迫骨折など腰の骨(腰椎:ようつい)の病気の典型的な症状です。
脊椎・脊髄・末梢神経が原因で起こる症状はまだまだ沢山あります。

「脊椎の病気」と診断されたらどうしますか?
−まずは薬や牽引やブロックなど、いわゆる保存的療法が選択されることが多いと思います。幸い、「脊椎の病気」は生命(いのち)に関わる可能性が低いので、保存的療法は正しい選択肢の一つと思います。でも、全ての「脊椎の病気」が保存的治療で治るわけではありません。
「年だから」がまんするしかないのでしょうか?
 −脊椎や神経の病気には手術で治るものもたくさんあります。もしかしたら、手術により痛みやしびれから解放されるかもしれません。
「脊椎の手術って難しいんでしょう?合併症が心配で、・・・」という方は多いと思います。
 −確かに「脊椎の手術」は難しい手術が多いと思います。だからこそ、「脊椎手術の専門家」が必要なのではないでしょうか?
 −もちろん、手術のリスクをゼロにすることはできません。でも、最大限安全に配慮した手術を行うことは可能です。すべての診断・治療を経験豊富な脊椎脊髄外科専門チームが担当し、すべての手術は手術用顕微鏡や脊髄内視鏡などの最先端技術を用いて行われる、それだけでも少し安心しませんか?

私たちは、脊椎・脊髄・末梢神経の手術治療を専門に担当しています。

「長いこと保存的治療を受けているけど、なかなか良くならない。」
「脊椎の手術を勧められているけれど、一度専門の先生の意見を聞いてみたい」という方は、ぜひ私たちにご相談下さい。


脊椎脊髄外科での治療について 詳しくはこちら

脊椎脊髄外科医を目指すかたへ