Page Top

婦人科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

婦人科で扱う疾患は子宮癌や卵巣癌などの悪性腫瘍、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの良性腫瘍、骨盤内や外陰部の炎症性疾患や感染症、更年期・思春期などの内分泌疾患などその範囲は多岐にわたっております。当院では各領域に専門医を配置するとともに、他科との緊密な連携のもと、診断から治療まで最新の医療を提供しております。

子宮筋腫や卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡下手術や子宮動脈塞栓術などの新しい技術も積極的におこなっております。

子宮癌や卵巣癌の診断にはMRIやPET-CTなどの最新機器を活用するとともに放射線科医や腫瘍内科医との連携による集約的治療を実践しております。婦人科外来では、患者さまのニーズに応えるため女性医師の充実をはかっております。また、悪性腫瘍に対するセカンドオピニオン外来(婦人科部長大塚医師担当、完全予約制)や腫瘍外来も開設し幅広いサービスを提供しております。

また、高齢化社会において女性のQOLに大きく関わる疾患である骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱瘤、子宮摘出後の膣断端脱など)に対するメッシュ手術(TVM手術)や尿失禁、頻尿の専門的な治療をウロギネコロジーセンターとして行っています。

入院治療が必要な患者さまに対しては、K棟4・5階の女性専用フロアをご利用頂けます。これらの病棟にはビューティーサロンやエステサロンが用意されており、女性入院患者さまのQOLの向上を目指しております。