Page Top

小児外科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

小児外科は、脳神経外科、心臓外科、整形外科的疾患を除く、新生児から乳児、学童、思春期(主に15歳まで)までの一般外科的治療を主に担当している科です。小児には出生時からの疾患を含め、成人と同疾患でも治療は異なることが多く、成長・発達を考慮した治療が必要となります。
当科の特色は、お子さまのストレスにならないよう可能な限り入院期間の短縮に努め、年間手術症例の70%以上は日帰り手術で行われています。
また術後の創が極力目立たないようにつとめており、適応があれば腹腔鏡下手術 も施行しています。最近では腹腔内の小さな病気はおへそから傷を開けることで、ほとんど傷が目立ちません。 (肥厚性幽門狭窄症・メッケル憩室・ヒルシュスプルング病等)

亀田ニュース連載:知っておきたい!小児外科の12のこと(話題の病気・予防)