診療内容 | ウロギネ・女性排尿機能センター | 診療科紹介 | 亀田総合病院 | 医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター

Page Top

ウロギネ・女性排尿機能センター

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

ウロギネコロジーセンターとは

ウロギネコロジーとは英語でUrogynecologyと書き、ウロ(Urology泌尿器科)、ギネ(Gynecology 婦人科)の合わさった造語で、泌尿器科と産婦人科の境界領域にある病気を治療する診療科です。すなわちウロギネコロジーの専門治療センターがウロギネコロジーセンターです。泌尿器科と産婦人科の中間に位置する病気とは具体的には、子宮脱、膀胱脱、直腸瘤などの骨盤臓器脱および尿失禁、頻尿、夜間頻尿などの排尿のトラブル、便失禁や直腸脱などの排便のトラブル、さらに下腹部痛、膣の違和感などもウロギネコロジーの分野に含まれます。このようにウロギネコロジーはおもに女性のシモの悩みを診療するところといえます。


 

女性排尿機能センターとは?

最近、亀田のウロギネセンターは名称とウロギネ・女性排尿機能センターというように名前を変えました。これは最近、排尿の悩みで受診される方が非常におおくなってきていることに対応するためです。もちろん排尿の悩みもウロギネの含まれるのですが、ウロギネというと一般的に「骨盤臓器脱」や「尿もれ」といった病気を思い浮かべるかたも多いと思います。では薬できかないような難治性の頻尿や残尿感はどこに受診すればよいの?と思っている患者さまもいるかと思います。泌尿器科?って思われるかもしれませんが、なんとなく泌尿器科は男性が行く診療科というイメージがあったり、すべての泌尿器科で専門的に排尿とトラブルを専門的に診療しているわけではりません。やはり女性の排尿トラブルはウロギネということになります。
ウロギネセンターもそれなりに名前が定着しつつあり、そのままでもよいと考えたのですが、患者さまにできるだけわかりやすくというのが我々亀田ウロギネのスピリットです。それで思い切って、「ウロギネ・女性排尿機能センター」と名前をかえました。このことで排尿の悩みがあるかたが受診しやすくなると思います。女性排尿機能センターの充実にはこの分野に詳しい林篤正医師の加入も大きく貢献しております。排尿の悩みに関してはこの分野にとくに、くわしい野村昌良医師または林篤正医師を受診されればよいと思います。
 

女性のシモの悩み?どこに受診すればいいの?

このような質問はよくきかれます。以前は何となく女性のシモの悩みは産婦人科に受診されていました。ところが、産婦人科では「う〜〜ん、うちではないなあ・・・」とか「泌尿器科にいってみたら・・・」などといわれることも少なくありませんでした。そして泌尿器科を受診しても「これは、婦人科じゃないの・・」などといわれ、どちらの診療科にいくのかわからないという声が多く聞かれました。
そうです、まさに女性のシモの悩みの多くは婦人科と泌尿器科の両方の知識と技術をもったウロギネセンターへ受診すべきなのです。欧米では古くからウロギネセンターが設立しており、このような悩みはあまりありませんでした。日本では本格的なウロギネセンターがほとんどなく、今まで多くのシモの悩みとかかえる女性が、どこを受診するのか悩むというダブル悩みで苦しんできました。だから今こそ、女性のシモの悩みの救世主、ウロギネセンターの是非受診してみてください。我々が最大限サポートします。
 

なぜ亀田のウロギネ?

ウロギネセンターだったらどこでもいいの?って思っている人もいるかもしれません。しかしながら正直、アクティビティーはそれぞれの病院で違います。非常に専門的に高いレベルで行っている病院もあれば、とりあえずほそぼそと行っている病院もあります。
亀田のウロギネセンターは症例数とスタッフ数の多さと、多彩な治療選択肢からあなたにとってベストの選択肢を選べるという利点があります。

欧米ではウロギネコロジーは診療科として確立し、ウロギネコロジーセンターで診療されています。一方、日本ではこれまでウロギネコロジーを専門治療とする病院はほとんどありませんでした。亀田メディカルセンターでは、尿失禁や骨盤臓器脱で悩む患者さまに専門治療を!ということで2007年5月に本格的なウロギネセンターを開設しました。最近は診療分野を拡大し、排尿障害の治療にも積極的に行っています。頻尿、夜間頻尿、残尿感、尿意切迫感などの排尿のトラブルも専門的かつ最先端の治療を行っており、当院のウロギネセンターは排尿機能センターとしての役割も有しております。

「亀田病院って有名だけど、遠いんでしょう!」という声もときに聞かれます。ご安心ください、千葉県鴨川市の本院だけでなく、東京の京橋と千葉の幕張にサテライトクリニックがあり、専門的なウロギネ診療が受けられます。お気軽にご相談ください。

 
尿もれ・骨盤臓器脱(子宮脱や膀胱瘤)の無料電話相談実施中、くわしくはこちら

 


●サブスペシャリティとしてウロギネ科を研修したい医師の方へ●

ウロギネセンター医師募集、くわしくはこちら >>>
 


6ヶ月程度の短期ウロギネ研修を始めました。

くわしくはこちら >>>