Page Top

リウマチ・膠原病・アレルギー内科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

「膠原病」とは一つの病気を表しているわけではなく、免疫の異常から引き起こされると考えられている病気のいくつかを集めた総称です。顕微鏡で見ると膠原線維に炎症を起こしていることが多いので「膠原病」という名前が付きました。膠原線維は結合組織に含まれているので、最近は「結合組織病」ともいいます。関節や筋肉の慢性の病気を「リウマチ」と呼んだりするので、「リウマチ性疾患」ともいいます。

また、免疫の異常すなわち自分自身の体に対する免疫が起こってしまい「膠原病」になることもわかってきたので、「自己免疫疾患」とも呼ばれます。それぞれ少しずつ違うのですが、だいたい同じような意味です。残念ながらはっきりとした原因はまだわかっていません。広い意味では関節リウマチも膠原病に含まれます。もっとずっと広い意味の「リウマチ性疾患」には免疫の異常とは関係ないのですが、痛風も含まれます。痛風は体の中に尿酸という物質が増えて起こる、足の親指の付け根や足首の関節が痛くなる病気です。

「膠原病」はどういう臓器の病気でしょうか?
答えは全身の臓器に病変が現れる可能性がある病気、ということになります。関節リウマチは多くの場合は関節だけの病気ですが、ときには肺、腎、眼、皮膚などに病変が見つかることがあります。関節リウマチでときどき胸のレントゲン写真を撮るのはそのためです。
関節以外に病変がある場合や膠原病の場合は「リウマチ・膠原病・アレルギー内科」などの内科にかかった方がよいでしょう。そして肺なら呼吸器内科、腎なら腎臓内科、眼が悪いなら眼科、また、足底板(特製の靴底)を作るときや関節の手術が必要な場合は整形外科と共同して診療に当たります。
亀田メディカルセンターにはありとあらゆる科がありますので、どこの臓器に病気が出ても、その該当科と協力しながら治療することができます。もちろんリハビリテーション科(クリニック5階)とは常に密接な連携をとりながら治療に当たっています。「膠原病」は全身の炎症性疾患ですのでよく熱が出ます。病気の初期は症状が熱だけのこともあります。そういう場合は感染症のこともありますが、膠原病ではないかどうか調べることが必要な場合もあります。ですから発熱が原因不明のときはよく膠原病内科に紹介されることがあります。