Page Top

神経内科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

神経内科とは、脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気を診断し、治療を行う診療科であり、内科の一分野に属します。具体的な病気の名前でいうと、脳の病気では脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、パーキンソン病、痴呆症、癲癇(てんかん)などが挙げられます。このうち痴呆症、癲癇などは、従来は、精神科で扱ってきた疾患ですが、神経内科学の発展と神経内科医の充足にともなって、最近では神経内科で扱うことが多くなってきています。

また、脳腫瘍の診断は神経内科でも行いますが、私たちは手術を行いませんので、脳神経外科へ御紹介して手術を依頼することになります。これら脳の病気のほかに、脊髄の病気として、腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛、筋萎縮性側索硬化症による筋肉の衰えも扱っています。

さらに、手足のしびれを引き起こすような末梢神経の病気や、だんだん手足の力が入りにくくなるような筋肉の病気についても、専門的な診療を行っています。