Page Top

呼吸器外科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

肺癌治療を中心として、気胸、縦隔腫瘍、膿胸など各種疾患の治療を手がけており、安全な苦痛の少ない治療を心がけております。
肺癌、気胸、縦隔腫瘍、膿胸などは積極的に胸腔鏡下手術を行うことにより術後の疼痛を抑制し、早期退院を可能としています。また小さな肺癌(3cm以下)には多くの場合小さく開胸(8cmほどの皮膚切開)して、区域切除(通常の肺葉切除に比べ1/3以下の肺のみを切除することにより、胚葉切除と同等の治癒率を保ったまま、肺機能を著しく温存します。
局所で進行した肺癌に対しては化学療法、放射線療法を手術前に行うことにより、腫瘍を縮小させ、可能な限り完全切除をします。

また亀田総合病院呼吸器外科の特徴の一つとして、さらに小さな2cm以下の肺癌あるいは転移性肺癌に対しては局所麻酔で針を腫瘍に刺して腫瘍を凍らせて腫瘍を死滅させる凍結治療という治療法を行うことができます。痛みは全くなく肺機能を全く低下させないので、手術に比べて著しく侵襲度の低い治療法です。

その他、気道狭窄に対するステント挿入、難治性胸水に対するシャント術など患者さまの苦痛を除く為の手法も多く手元に置き、積極的な緩和治療の一部として有効に活用しています。

当院呼吸器外科の診断・治療の詳細
・肺がんの外科治療
・肺癌に対する“切らない"で治す低侵襲治療『局所麻酔下の凍結治療』
・手術および放射線治療が不可能な肺癌に対する “カテーテル治療(腫瘍血管塞栓術)”、いわゆる肺癌に対する“兵糧攻め”治療

◎呼吸器外科ではさらに充実した診療を行うためにスタッフ医師を募集しています。→詳しくはこちらをご覧ください
 後期研修にご興味のある方は →こちら