Page Top

産科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

妊娠・分娩という周産期領域では年間約900例の分娩を行っており地域の基幹病院としてのみならず、千葉県を越えてのハイリスク妊娠・分娩の母体の搬送体制が整っております。
また、2005年春に開設した新病棟の主要部門として、LDR 6床、MFICU 14 床、産科手術室を含む周産期センターと2フロアーの女性専用フロアーを設置しております。
様々な周産期異常への対応のため、ハイリスク妊婦外来、NICU との連帯強化を進めております、周産期センター開設後は益々の充実を図っております。
 

周産期母子医療センター


周産期医療とは
周産期とは、妊娠後期(妊娠22週以降)から新生児早期(生後7日未満)までの赤ちゃんの出生前後の時期を指します。この時期の母体(お母さん)、胎児(おなかの赤ちゃん)、新生児(生後28日未満の赤ちゃん)を総合的に診療し、母児双方の健康を守るのが周産期医療です。

周産期母子医療センターでは
母体や分娩の異常、胎児、新生児の異常に対して、産科、小児科、小児外科、その他関連診療各科の医師、スタッフが緊密な連携をとることにより高度専門医療・救急医療を提供します。周産期母子医療センターは施設基準により総合周産期母子医療センターと地域周産期母子医療センターに分けられ、都道府県より認可されています。
総合周産期母子医療センターの詳細
 

もうすぐお母さまになる方へ「ハッピーマザーパック」ならびに「ハッピーマザー安心宿泊プラン」をご用意


リラックスできる環境で思い出に残る出産をしていただけるように、亀田メディカルセンターでは「ハッピーマザーパック」、ならびに「ハッピーマザー安心宿泊パック」をご用意しております。是非ご利用ください。
「ハッピーマザーパック」「ハッピーマザー安心宿泊パック」の詳細

出産育児一時金等の直接支払制度について 
 (詳しくは亀田総合病院 医事課会計係までお問合せください)