Page Top

整形外科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

当科の特徴

整形外科では、急速に進歩する医療技術に対応するため、運動器官を構成する部位や組織などの疾病・ケガ毎に専門領域が細分化されております。(詳しくは、図1をご参照ください。)
そこで、当院では従来の一般整形外科を対象とした診療のみならず、各領域の専門医を集め、より質の高い最先端医療が提供できるよう専門領域での診療をおこなっております。
 

各領域のご案内

腫瘍性疾患(専門医:黒田浩司)
骨に発生した腫瘍や、筋肉・神経・脂肪・血管などの組織に発生した腫瘍の診療をおこないます。他院にて腫瘍が見つかりセカンドオピニオンを希望の方は、是非、黒田医師の外来を受診して頂くことをお勧めいたします。

下肢疾患(専門医:江黒日出男、久保宏介)
主に股関節や膝関節の様々な症状に対して診療をおこないます。
「膝や股関節が痛くて買い物に行くのがやっとだ」「膝や股関節の痛みのために旅行に行くのが億劫になっている」など股関節・膝の痛みにお困りの方は是非、外来受診をお勧めいたします。

外傷性疾患(専門医:中谷知薫、亀岡尊史、徳毛朗人)
外傷性疾患とは、交通事故などの高エネルギー外傷や、スポーツや日常生活などでの転倒による骨折や捻挫などのケガをいいます。
骨折などの整形外傷は、治療する医師により術後成績が大きく異なり、整形外傷専門の医師がおこなうことで、長期的な予後が改善されます。
「骨折を将来困らないように治療したい」、「他院で骨折の治療をしたのだけどなかなか症状が改善しない」など整形外傷でお困りの方は、是非、整形外傷専門医の外来を受診お勧めいたします。

脊椎・脊髄疾患(専門医:金森康夫)
背骨(首から腰(骨盤)まで)の病気を専門に診療をおこないます。
「腰痛がひどくて日常生活がつらい」、「手足にしびれがあって困っている」などの症状がある方は、是非、外来受診をお勧めいたします。ブロック注射のような保存療法から、体の負担が少ない低侵襲手術(脊椎内視鏡手術)も積極的におこなっています。

手外科・マイクロサージェリーセンター(専門医:久能隼人)
手外科・マイクロサージェリーセンターでは上肢、肩の下から指先までを含んだ外傷や変性疾患などのあらゆる病気や怪我を対象に診断、治療を行っています。手は非常に人間の身体の中でも非常に 複雑な臓器であり、かつ第2の脳と呼ばれる程敏感で繊細な部分です。そのため怪我や病気で手の機能が障害されると日常生活において大きな障害となることは言うまでもありません。手外科ではそれを扱うにあたり豊富な知識と確実で丁寧な技術を纏い、機能的で整容的な手、上肢を目指し治療を行っています。
対象となる病気や怪我には非常に多くのものがあります。代表的なものとして、腱鞘炎(手のこわばり)や手根管症候群(手の痺れ)、母指CM関節症(母指の付け根の痛み)、指の変形(ヘバーデン結節、ブシャール結節)といった病気から、転倒して手をついて生じる橈骨遠位端骨折(手首の骨折)や舟状骨骨折、肘関節周囲の骨折や脱臼に伴う靭帯損傷など多岐にわたります。
また不幸にも事故や仕事中の怪我で指を切断(切断指)してしまった方や過去の怪我で手の変形や痺れが残っているという方に対しても、マイクロサージェリー(顕微鏡を使用し非常に小さな血管 や神経を縫合する技術)を用いて切断指再接着や組織移植などを行い最大限の機能回復が得られ るように努めています。また下肢重度外傷の合併症である難治性偽関節や神経損傷後の麻痺、組織の欠損に対してもこれらの技術を応用し積極的に治療に取り組んでいます。
センター長の久能は日本国内の手外科専門施設にて研修を積んだ後、2度の海外留学を経て豊富な症例経験をもとに的確で効果的な診断、治療を心がけています。
上記のような病気や怪我でお困りの方は、是非諦めずに受診をして頂くことをお勧めします。

靴外来のご案内