Page Top

リハビリテーション科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

取り扱っている主な疾患

・脳血管障害(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血など)、脊髄損傷、その他神経疾患などによる後遺障害
・骨折などの外傷による歩行障害
・外科手術、肺炎等の治療時の安静時により生じた廃用症状症候群(筋力の低下や関節の拘束など、体力の低下により本来の機能が損なわれた状態)
・その他、上記に準ずる病状で発症後比較的早期の段階にあり、リハビリテーションにより状態の改善が期待される小児の運動発達障害と予想される病態。