Page Top

小児外科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

取り扱っている主な疾患

具体的には赤ちゃんから大きなお子さんの、腹痛・下血・ 嘔吐・便秘・おなかや胸の外傷・熱傷・体表の腫瘤・炎症・腹部腫瘤がおもに小児外科で診せていただく症状になります。
疾患として数が多い物としては、リンパ管腫・血管腫・舌小帯短縮症・漏斗胸・気胸・臍ヘルニア・鼠径ヘルニア・食道閉鎖症・肥厚性幽門狭窄症・腸重積症・急性虫垂炎・潰瘍性大腸炎・乳児痔瘻・肛門周囲膿瘍・脱肛・総胆管拡張症・胆道閉鎖症・停留精巣・包茎・陰嚢水腫・ヒルシュスプルング病・鎖肛・尿路系の先天異常疾患、悪性腫瘍等があります。
  1. 取り扱っている主な疾患