Page Top

周産期科

  • 診療内容
  • スタッフ紹介

診療内容

周産期科は産科部門と新生児科部門から成り、亀田総合病院総合周産期母子医療センターの運営を担っています。
当院では早産や妊娠高血圧症候群、合併症妊娠などのハイリスク妊娠、分娩の管理を行っていますが、このようなお母さんから生まれた赤ちゃんは速やかに高度な新生児診療につなげていく必要があります。
周産期科では安全で質の高い周産期医療を実践するためにハイリスク妊娠のお母さんたちの情報を産科部門、新生児科部門で共有し、緊密な連携を取りながら治療の計画と実践をしています。近年注目されている出生前診断にも積極的に取り組んでおり、胎児期の先天性疾患の診断の段階から部門間で協力して診療にあたっています。
また、生まれた赤ちゃんの経過についても新生児部門から産科部門へフィードバックを行い今後の診療へ生かしています。

産科部門、新生児科部門の詳細につきましては下記をご参照ください。
→産科
→新生児科