ページの先頭です

栄養管理室

業務内容

当院栄養管理室では、患者さまの疾病状態の向上を考え、栄養状態の把握をし、医療の一環としての治療の促進のために、患者さまに美味しく・安全で・喜ばれる食事の提供をし、患者さまの疾病の回復に貢献できるよう努めています。

また、患者食・職員食・洗浄業務全ての業務を直営で運営しています。

栄養管理・栄養食事指導

入院

糖尿病・腎臓病・心臓病などの栄養食事指導をベッドサイドで行ったり、患者さまの栄養状態の把握・身体測定をして栄養評価を行っています。現在、一部病棟で週1回病棟回診に同行したり、病棟カンファレンスに参加し、入院時の診療計画の際適切な食事へのアドバイスをしています。

また、栄養状態が不良な患者さまに対して医師・看護師などと連絡し合い疾病の改善に向けて努力しています。 このようにチーム医療の一翼を担い、食事療法・栄養療法の実践を通して患者さまの健康回復・疾病予防に貢献できればと考えています。

集団指導:糖尿病教室

外来

生活習慣病といわれる糖尿病・高脂血症・心臓病などの予防・疾病回復のための食事指導を行っています。予約システムで患者さまの受け入れをしていますが、当日予約の患者さまにもご利用いただけるけるよう努力しています。

また、外来透析においても、担当栄養士によって個々の栄養食事指導を実施しています。食事療法の実践を通して患者さまの健康回復・疾病予防に貢献できればと努力しています。

集団指導:糖尿病短期入院(1週間)・母親学級・糖尿病・公開糖尿病講座・糖尿病予防教室

在宅訪問

医師・看護師と連絡を密にし、情報を交わしながら、患者さまの栄養評価・判定・栄養食事指導を行い、患者さまのQOLの向上をめざし栄養改善に努めています。

給食管理・調理管理・事務管理

食事の提供は、献立作成に始まり、食材の発注・納品検収業務、調理作業を行います。入院患者さま約1,800食/日の食事と約70~80食/日の外来透析食の食事提供をしています。献立には、嗜好・季節感・行事食を取り入れ、常食の患者さまには、毎日セレクトメニューを実施しています。(朝:A・B 昼:A・B・K 夕:A・B・K)

安全性を重視した衛生管理、温冷配膳車を使用し、温度調節をして召し上がっていただいています。

スタッフ

  • 管理栄養士 26名(栄養管理業務、病棟・外来・在宅栄養指導、栄養事務管理、調理業務)
  • 栄養士 13名(栄養事務管理・調理業務)
  • 調理師 24名(調理業務)
  • 調理補助 1名
  • パート職員 23名(調理・洗浄業務)
  • アルバイト 12名(洗浄2.5時間)

以上99名で構成されています。(2017.5月現在)