ページの先頭です

画像診断室

業務内容

当院、画像診断室では、エックス線一般撮影、非血管造影検査、血管造影検査、CT、MR、核医学検査、放射線治療など行っています。
目標として、患者さまに不安感や恐怖感をあたえないスピーディーな検査を心がけ、講習会や学会等に参加し最新の操作法や情報を吸収し、レベルアップに努めています。

概要

画像診断室には現在、診療放射線技師52名、臨床検査技師(MRI専門)1名・看護師(MRI専門)1名、医学物理士1名、受付事務12名、画像看護師10名、看護補助2名が所属しています。(2017.4月現在)
放射線科をはじめとする各科医師、臨床検査技師、ME(Medical Engineer)らと協力し、24時間体制で診断に必要な画像情報の提供に努めています。また、関連機器や放射線ひばくの管理・低減もその業務の一部です。

検査実績

一般撮影(胸部69,315件、一般51,191件、乳腺10,657件、骨密度測定3,659件、ポータブル22,249件)
一般造影(上部消化器管2,268件、注腸18件、DIP・UG 63件、ERCP 748件、PTCD 31件、その他1,948件)
血管撮影(頭部140件、腹部208件、心カテ1,821件、その他140件)
ハイブリッド 98件、CT 44,735件、MR 18,852件
合計228,141件

RI検査 1,582件、PET検査 3,704件

放射線治療(治療患者数14,081人、IMRT患者数2,984人)
特殊治療患者数(体幹定部位照射37人、全身照射7人、RALS23人)
(2016年度)