ページの先頭です

継続教育

目指す教育の考え方

専門看護師として常に自己鑚、自己啓発の姿勢で知識、技術を追求し患者個々のニーズに対応できる感性豊かな人間看護を確立する。さらに看護を通し一社会人として自律し社会貢献できる人材として成長することを目指す。

教育目標

  1. 1 .より感性を磨き、相手の立場でものが考えられる。
  2. 2 .型にとらわれず自由な発想で自分の考えを表現できる。
  3. 3 .社会人として一般常識を身につけ円滑な人間関係を築く。
  4. 4 .チャレンジ精神を養い、さらに研究心、探求心を育てる。
  5. 5 .専門家としての知識、技術を修得し実践できる。

個人にあわせたキャリア開発/キャリア・アドバンス・システム

キャリア・アドバンス・システムとは、看護実践→実践能力(レベル1・2・3・4)評価→看護実践能力別看護教育という過程を通し、個々の看護実践能力を 開発していくシステムです。この過程で重要なことは、一人一人が培った看護実践能力を評価するという点で、個別の教育ニーズが把握できるところです。院内 教育は看護実践能力別に企画されており、個人が自己のステップアップに必要な研修を自主選択できるようになっています。

  • 看護師のキャリアアップ

看護師のキャリアアップ <レベルI>

全体像

  • 決められた基準や手順に従って行動する
  • 必要に応じて指導者の助言を得て、看護過程を踏まえた個別ケアが実践できる
研修項目 時間 対象 ねらい
DRコール 4 新採用者必須

生命に直結する「異常サイン」を認知し報告できる

  • 肺胸郭/循環/脳神経
  • 正常心電図と致死的不整脈
  • 心拍出量の減少
  • 正常換気とガス交換障害
  • 意識障害
  • 頭蓋内許容量減少
  • 主な治療薬剤と使用上の注意
コードブルー 3 新採用者必須

突然発生した心肺停止状態に対して速やかに協力者が呼べ、必要な機器薬剤を準備できる
事例を用いて看護師の判断・行動(責任・役割)範囲を確認する

看護診断I 6 新採用者必須

機能面から見た健康パターンの枠組みを理解し事例を通し看護診断を考える

患者の人権
※個人情報保護法
3 新採用者必須

実務を通して患者の人権を再認識する

事故防止 3 新採用者必須

実務を通して事故防止について考える
事故防止基準について再確認する
(インシュリンにまつわる事故を防止する)

ケーススタディー 3 新採用者必須

ケーススタディーを通して自己の成長を知る
他者の経験を自己の成長に役立てる

ストレスマネージメント 3 新採用者必須

ストレスを上手に管理していけるよう支援する

褥瘡ケア 3 新採用者必須

褥瘡ケアに関する正しい知識・技術を持つ

感染フォロー 3 新採用者必須

病院新採用者オリ参加者のフォローアップ研修

看護過程 6 有資格者自主選択

看護過程の目的・概要を再確認する
看護過程の思考サイクルを理解する

プリセプター養成 6 プリセプターの任に着く予定の者必須

プリセプターとは何か知る
プリセプターの役割・機能について知る

看護師のキャリアアップ <レベルII>

全体像

  • 長期目標や計画を立てて意識的に自分の活動ができる
  • 現在及び予測される状況で何が重要であるか判断できる
  • 一人前の日常業務ができる
研修項目 時間 対象 ねらい
サポーター・チューター養成 6 サポーター・チューターの任に着く者は必須

サポーター・チューターの役割・機能について知る
不適応・意欲減退・バーンアウトの予防の実技
教育計画の立案と評価の実践

リーダーシップ 3 自主選択

集団力学を学習し、リーダーシップ機能を発揮することができる

看護診断II 6 自主選択

事例検討を通し看護診断の妥当性を高める

コース研修

<対象:レベルII>
研修項目 時間 対象 ねらい
<フィジカルアセスメントコース1>
(1)講義(2)演習評価
12 全課程に参加できる者
主任必須(高度専門職講座を受けた者は除く)

単科→混合科へ
フィジカルアセスメント能力向上
「頼りにしたいのはなんと言ってもチームリーダー」

<フィジカルアセスメントコース2>
(1)講義(2)演習評価
12 全課程に参加できる者
主任必須(高度専門職講座を受けた者は除く)

単科→混合科へ
フィジカルアセスメント能力向上
「頼りにしたいのはなんと言ってもチームリーダー」

<WOCコース>
(1)講義(2)演習評価
12 全課程に参加できる者
<ICNコース>
(1)講義(2)演習評価
12 全課程に参加できる者
<呼吸ケアコース>
(1)講義(2)演習評価
12 全課程に参加できる者

2005年度呼吸療法士認定試験の為の研修に参加し学ぶ

<緩和ケアコース>
(1)講義(2)演習評価
12 全課程に参加できる者
<対象:レベルII~III>
研修項目 時間 対象 ねらい
<看護研究コース>
(1)講義(2)研究発表
48 全課程に参加できる者
主任必須

講義開始前までに文献検索中級を終了させておく

<看護教育コースS>
(1)講義
48 全課程に参加できる者

看護学生を対象にした看護教育について

<看護教育コースN>
(1)講義(2)演習評価
48 全課程に参加できる者

看護師を対象にした看護教育について

<看護管理コース>
(1)講義(2)演習評価
48 全課程に参加できる者
<ナースのための薬学コース>
(1)講義(2)演習評価
48 全課程に参加できる者

看護師のキャリアアップ <レベルIII>

全体像

  • 状況を全体として捉える
  • ルールやガイドラインに頼らず豊かな経験から状況を直感的に把握する
  • 病院の使命や自己の看護観と関連させ問題解決ができる
  • 将来看護主任や看護教育師長への道を選択できる基礎的コンピテンスレベルである
研修項目 時間 対象 ねらい
看護診断III 6 自主選択

同僚評価を通して診断の妥当性を高める (論理的思考を高める)

リスクマネージメント 12 自主選択

リスクマネージメントとは何か 事象分析を用いて事故分析ができるようになる

看護師のキャリアアップ <レベルIV>

全体像

  • 高度な専門知識、技術に裏付けられた看護実践を展開する
  • 所属された看護分野において、熟練された知識技術を用いて水準の高い看護実践ができる
  • 現場において実践、指導、相談などの役割を果たし、看護ケアの広がりと看護の質の向上に貢献できる
  • 臨床現場の変革推進者となる