ページの先頭です

薬剤部門のご紹介

日本において保険医療費が破綻し、病院施設を取り巻く環境が大きく変化しようとしています。そのため今まで以上に医療の質が問われてきています。病院にとっては特にお薬が直接医療費に関係することが多いため、薬剤部では少しでも患者さまが満足していただける病院として評価してもらえるように、スタッフ全員で努力しています。

亀田総合病院・クリニックの薬剤部は患者さまに安心してお薬を服用していただくためにさまざまなことに取り組んでいます。一例を挙げると、全てのお薬に対して有効かつ安全に使用するために、電子カルテを利用したお薬の量や使い方について、全ての患者さまに対応してチェックしながら調剤しています。また、お薬を正しく使っていただくために、注射薬をはじめ喘息吸入薬の使い方など、分かりやすく説明しています。今後は今まで以上に患者さまから見えるような薬剤師、質の高い医療を目指して、薬剤部全スタッフは、患者さま中心の医療を提供するように心がけています。

亀田クリニック薬剤室(亀田クリニック)

亀田クリニック薬剤室では、主に外来調剤(1日平均1,400枚)、吸入薬の使用方法や成長ホルモンなどの自己注射の指導を行っています。

詳細を見る

薬剤管理指導科(亀田総合病院)

薬剤管理指導科では入院患者さまの病棟に赴き、ベッドサイドで薬歴に基づく服薬指導やフィジカルアセスメント等による副作用モニタリング、医師等への医薬品情報の提供、病棟の薬品管理等を通じてチーム医療の一員として処方設計や安全管理に参画しています。

詳細を見る

注射調剤科(亀田総合病院)

注射調剤科では入院患者さまの注射薬の処方せんを受け付け、準備し供給しています。1日の処方せん受け付け枚数は平均400枚前後で、多い時で500枚になります。

詳細を見る

院内調剤科(亀田総合病院)

院内調剤科ではオーダリングシステムにより出力される処方せんに基づき、入院患者さま、救急患者さま、透析患者さま等へのお薬の調剤を行っています。

詳細を見る

DI(薬品情報)科(亀田総合病院)

DI(医薬品情報)科は、医薬品に関する様々な情報を収集し、評価をして、医薬品を適正に使用していただけるように医師、看護師等の医療従事者や患者さまに情報提供をしています。

詳細を見る

製剤科(亀田総合病院)

製剤科の業務内容は主に院内製剤の調製と供給です。 院内製剤は調剤業務の効率化、迅速化を図るものから、安定性や経済的な問題から市販されていないもの、全く新たな薬剤を調製するものと多種多様です。

詳細を見る

薬務科(亀田総合病院)

薬務科では薬剤の供給に付随した業務全般が、経済的・合理的・かつ円滑に行われるよう調整しています。

詳細を見る

がん化学療法科(亀田総合病院)

化学療法支援システムとCytoCareを連携し運用することで、患者さまに安心安全な治療を提供します。

詳細を見る

放射性医薬品の調製及び品質管理業務

医師、看護師、技師など放射線領域に関わる医療従事者と連携し、病院薬剤師業務としての新しい職能を発揮しています。

詳細を見る

治験薬管理について

治験薬は、他のすでに承認されている医薬品とは区別して保管しています。鍵のかかる保管庫に保管し、治験薬の取り扱い手順書に従って払い出しや数量管理をしています。

詳細を見る

業務実績

薬剤部の実績を掲載しています。

詳細を見る