平成30年度 亀田総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1046 368 430 862 1670 2199 4480 5921 3272 668
当院が立地する鴨川市の平成30年度の人口は33,396人(鴨川市統計書より)で、65歳以上の人口は平成27年度の国勢調査では全体の36.4%を占め高齢化が進んでいます。一般的に21%を超えると超高齢社会と言われておりこれに該当します。この超高齢化地域にある当院は、千葉県南部の基幹病院として、急性期高度医療の提供に力を注いでいます。年間の年齢別入院状況について(入院時年齢で集計)では、入院患者のうち60歳以上は全体の68%を占め、男女比では60歳代(男:57.9%、女:42.1%)、70歳代(男:57.4%、女:42.6%)でやや男性が多い傾向がみられますが、80歳代(男:49.8%、女:50.2%)、90歳代(男:35.5%、女:64.5%)と女性が多い傾向となっております。年代別の入院総数では、70歳代が最も多く、次いで60歳代、80歳代の順となっております。なお、100歳以上の入院患者は90歳以上に含まれています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070XX01X0XX 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 294 6.20 5.15 1.70% 67.32
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 224 5.06 4.47 0.45% 69.83
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 169 3.76 3.15 0.00% 69.61
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 157 3.37 3.01 0.00% 67.53
050030XX97000X 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 123 9.68 12.52 1.63% 70.76
当院の循環器内科は南房総地区循環器医療の中枢的存在となり、救急医療に関しては24時間、心臓カテーテル検査、冠動脈インターベンジョン可能な体制をとっています。たとえ真夜中に急性心筋梗塞などの重傷患者さまが搬送されても迅速に対応できます。不整脈診療にも力を注ぎ、様々なペースメーカ植え込みや不整脈アブレーション治療などを行っています。また、心臓血管外科チームとの関係も密であり、常に意見の交換が行われています。もちろん救急疾患だけでなく、実際には遥かに多い慢性的な循環器疾患(狭心症、弁膜症、心筋症、不整脈、高血圧など)も十分な検査、治療を受けることができます。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は心房細動、心房粗動、心室期外収縮、心室頻拍などに対して経皮的カテーテル心筋焼灼術などの手術を実施した患者様が該当いたします。順位2は狭心症など慢性虚血性心疾患の患者様に対して経皮的冠動脈形成術などを実施した場合に該当となります。順位3及び順位4は狭心症、慢性虚血心疾患に対して検査目的入院をした場合に該当となります。順位3が心臓カテーテル検査目的と血管内超音波検査を実施した患者様、順位4が心臓カテーテル検査のみの患者様となります。順位5は急性心筋梗塞で入院した患者様に対して経皮的冠動脈ステント留置術などを実施した場合に該当となります。当科で取り扱っている主な疾患 は心不全、狭心症、心筋梗塞、頻脈性不整脈、徐脈性不整脈、僧帽弁膜症、大動脈弁膜症、大動脈瘤、動脈硬化症、二次性高血圧症、深部静脈血栓症、下肢動脈瘤、本態性高血圧症、低血圧、リンパ浮腫などです。なお今回の集計結果は全国共通のルールで集計をしているため、上記のような結果となっておりますが年間の実績とでは大きく異なる場合もあります。心カテ自体は年間770件以上の実績があります。循環器内科における2018年度の実績は亀田総合病院ホームページにあります「診療科紹介」に掲載されている手術実績でご確認いただければと思います。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 299 2.40 3.43 0.00% 70.32
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 218 9.26 10.00 0.00% 69.77
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2なし 88 17.65 19.06 6.82% 72.28
030250XX991XXX 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 73 2.00 2.04 0.00% 59.40
040040XX99070X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病なし 55 10.33 10.92 0.00% 68.00
呼吸器内科に入院される患者さまの背景は、原発性肺がん、細菌性肺炎、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息などが多くを占めています。原発性肺がんを主とした胸部悪性腫瘍の診療は、呼吸器外科・腫瘍内科・放射線治療部・がん認定看護師と合同にてtumor boardを週1回行い、継続的に連携したチーム医療が実践できています。間質性肺炎は、指定難病の特発性肺線維症をはじめ複数の疾患がありますが、それらには当科のみならず、呼吸器外科・放射線科・病理診断科・リハビリテーション部門・リウマチアレルギー科、さらには他施設の胸部画像診断専門医へのコンサルテーションも駆使し、診断精度を高めるよう努めながら治療を行っています。また、呼吸器疾患診断の根幹となる呼吸器内視鏡検査(気管支鏡検査)にも継続的に力を入れており、仮想気管支鏡ナビゲーション(Virtual Bronchoscopic Navigation)、ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)、超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)、局所麻酔下胸腔鏡、蛍光気管支鏡など最新の診断手技を導入しております。ほかにも気管支鏡を用いた光線力学的治療(Photodynamic therapy; PDT)を導入し中心型肺がんに対する根治的あるいは緩和的治療なども行っています。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位2、順位5は肺の悪性腫瘍(肺がん)に対しての入院加療となっております。順位1は検査目的入院、順位2は化学療法目的(指定された薬剤以外)の入院、順位5は指定された薬剤を使った化学療法目的入院となります。順位3は間質性肺炎に対しての入院加療となっております。順位4は睡眠時無呼吸症候群に対しての検査入院となっております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX01XX0X 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 833 2.10 2.67 0.12% 66.10
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 89 8.93 10.08 2.25% 70.34
060020XX04X0XX 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 78 9.95 8.52 0.00% 72.23
060300XX97100X 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 9.34 13.07 0.00% 63.54
060050XX97X00X 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 34 11.21 10.42 0.00% 74.94
消化器内科では吐血・下血・腹痛・腸閉塞などの救急疾患から、慢性消化器疾患および消化器がんに対して必要かつ十分な検査・治療を行うことが可能です。
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は大腸腺腫(ポリープ)に対して内視鏡的大腸ポリープの粘膜切除術〔EMR〕」を実施した患者様が該当します。順位2は総胆管結石、急性胆管炎などに対して内視鏡的乳頭切開術や胆道結石除去術、胆道ステント留置術などの手術処置を実施した患者様が該当します。順位3は早期胃がんに対して内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術〔ESD〕を実施した患者様が該当します。順位4は慢性C型肝炎またはC型肝硬変の患者様に対して手術を実施した場合に該当します。順位5は肝がんの患者様に対して手術を実施した入院加療となった場合に該当します。なお、最後に当科で取り扱っている主な疾患は消化器疾患先般となります。(食道疾患、胃疾患、小腸疾患、大腸疾患、肝臓疾患、胆道・胆嚢疾患、膵臓疾患)
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 92 22.02 16.16 21.74% 76.30
010061XXXXX0XX 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 33 8.12 6.24 6.06% 72.79
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 12.23 7.28 10.00% 62.10
010060X2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 28 24.29 18.38 25.00% 78.18
010060X0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 16.25 16.10 25.00% 71.67
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位4、順位5は脳梗塞での入院加療となります。違いはDPCで定義されている副傷病の有無と発症日から入院になるまでの期間となります。順位2は一過性脳虚血発作に対しての入院加療の場合に該当となります。順位3はてんかんに対しての入院加療の場合に該当となります。
内科(総合内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 123 15.64 10.08 7.32% 79.85
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 92 17.96 12.58 11.96% 78.33
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 61 22.69 20.92 13.11% 77.98
060340XX99X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 55 16.38 9.81 14.55% 77.40
080010XXXX0XXX 膿皮症 手術・処置等1なし 48 19.92 12.51 6.25% 75.29
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は総胆管結石、急性胆管炎などの傷病名で入院された患者様に対して内視鏡的乳頭切開術や胆道結石除去術、胆道ステント留置術などの手術処置を実施した患者様が該当となります。順位2は急性腎盂腎炎、尿路感染症など入院加療された患者様が該当となります。順位3は誤嚥性肺炎で入院加療された患者様が該当となります。順位4は総胆管結石、急性胆管炎などの傷病名で入院加療(手術なし)をされた患者様が該当となります。順位5は蜂巣炎などで入院加療された患者様が該当となります。取り扱っている主な疾患は日常よく見られる病気(感冒・胃腸炎・肺炎・尿路感染症・蜂窩織炎(蜂巣炎)・咽頭炎・結核・敗血症・インフルエンザ・伝染性単核球症・帯状疱疹・うつ病など一時的な病気、高血圧・糖尿病・高脂血症・痛風・肺気腫・心房細動・骨粗鬆症・甲状腺機能低下症等の慢性の病気などがあります)、またはどの科を受診したら良いのかわからない場合には[病気の診断・治療に長けた内科の現代版]である当科に受診をして下さい。入院が必要なら当科もしくは他の適切な科に入院とさせて頂きます。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002XXX99X40X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 23 8.87 4.85 0.00% 49.65
060010XX99X40X 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 19 16.37 9.58 0.00% 68.37
03001XXX99X4XX 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 17 20.24 12.90 0.00% 65.88
060030XX99X3XX 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 16 15.31 7.36 0.00% 61.75
060035XX97X50X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 5あり 定義副傷病なし 16 21.63 10.23 0.00% 69.00
腫瘍内科ではあらゆる悪性腫瘍に関する先端の知識を駆使し医療の提供が出来る用に心がけております。がんの種類と進行度と患者様の状態により最適な治療方針を決めて各診療科と協力しております。たとえば手術が最適な場合は外科系で治療し、放射線が最適なときは放射線科で治療、抗がん剤など薬による治療が最適の場合は腫瘍内科が施行するという集学的治療を展開しています。常に患者様のがんの診療全体を把握し診療を手がける専門科です。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。なお、化学療法で使用される抗がん剤により分類番号が異なる場合もあるため上記の結果となっております。
血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030XX99X40X 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 66 20.23 16.17 3.03% 70.94
130030XX97X40X 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 48 77.13 32.36 6.25% 69.92
130010XX97X2XX 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 33 46.91 40.13 3.03% 64.45
130040XX99X5XX 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 29 37.66 23.43 0.00% 70.31
130060XX97X40X 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 25 43.84 21.33 0.00% 69.72
当科は房総半島における白血病、悪性リンパ腫や骨髄腫の治療の中心施設として多くの患者さまの治療をしております。また日本血液学会の専門医研修施設、日本骨髄バンク認定非血縁者間骨髄移植および骨髄採取指定施設、日本臍血バンク認定臍帯血移植施設として、近年では房総半島、千葉県だけでなく都内やそれ以外の地方からの患者さまも増加してきています。なお、上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位2は悪性リンパ腫に対しての化学療法による治療(使用する薬剤や輸血を含む手術などの有無により番号が異なります)、順位3は白血病に対する化学療法による治療となります。順位4は多発性骨髄腫に対する化学療法治療となります。順位5は骨髄異形成症候群に対する化学療法治療となります。
取り扱っている主な疾患 としましては悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病、骨髄異形成症候群、鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血、巨赤芽球性/悪性貧血などとなります。
リウマチアレルギー内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560XX99X00X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 169 9.50 15.58 0.59% 63.24
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2なし 30 16.47 19.06 0.00% 69.60
070470XX99X0XX 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 12 19.17 15.90 8.33% 72.58
040151XX99X0XX 呼吸器のアスペルギルス症 手術なし 手術・処置等2なし - - 21.20 - -
070560XX97X00X 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 27.07 - -
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患に対して治療をおこなった場合となります。この全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患には全身性強皮症、多発血管炎性肉芽腫、皮膚筋炎、全身性エリテマトーデス、ANCA関連血管炎、サルコイドーシス(臓器)、顕微鏡的多発血管炎、ベーチェット病などの病名以外にも様々な病名がこの番号に該当します。順位2が間質性肺炎に対しての治療となります。順位3が関節リウマチに対しての治療となります。そのた順位4以下は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きますが、当科に入院した患者は2018年度は390名以上おりました。集計ルールにより上記の結果となっておりますが、当科では様々な疾患を取り扱っております。主な疾患は関節リウマチ、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、抗リン脂質抗体症候群、多発性筋炎、強皮症、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、ベーチェット病、血管炎症候群(大動脈炎症候群、側頭動脈炎、顕微鏡的多発動脈炎、結節性多発動脈炎など)、サルコイドーシス、線維筋痛症、リウマチ性多発筋痛症、成人Still病、RS3PE、再発性多発軟骨炎、感染症関節炎、回帰性リウマチ、痛風、高尿酸血症、間質性肺炎、各種アレルギー、不明熱、冷感による障害、アナフィラキシー、呼吸器を中心とする感染症などとなります。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 85歳未満 32 10.09 11.05 0.00% 60.31
100070XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 85歳未満 20 12.65 13.90 0.00% 61.20
100071XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 85歳未満 11 11.82 14.27 0.00% 67.82
100071XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 85歳未満 10 13.2 11.54 0.00% 58.5
100180XX990X0X 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 定義副傷病なし - - 6.35 - -
当科は南房総地区の内分泌・糖尿病地域医療の中心的存在としての役割を担っており、地域医療機関からの紹介患者さまも多くなっております。また入院治療だけでなく、糖尿病診療に豊富な経験を持つ看護師による糖尿病支援外来も開設しており、充分な時間をかけて患者様への教育やセルフケアに関する支援を行なっております。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1、順位2、順位3、順位4は2型糖尿病に対して入院加療をおこなった患者様となります。順位1及び順位2は多発合併症を伴わない糖尿病患者様で順位1はインスリン治療の無い症例、順位2はインスリン治療を実施した症例となります。。順位3及び順位4は多発合併症を伴う糖尿病患者様で順位3はインスリン治療を実施した症例、順位4はインスリン治療の無い症例となります。順位5は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。最後に当科で取り扱っている主な疾患は糖尿病、高脂血症、低血糖、血漿蛋白代謝障害、糖尿病・高血圧・動脈硬化による眼底変化、糖尿病の合併症、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、副腎不全-アジソン病など、下垂体機能障害、高尿酸血症・痛風、下垂体腫瘍、甲状腺癌となります。
感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010XXXX0XXX 膿皮症 手術・処置等1なし 12 10.92 12.51 0.00% 58.00
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - 12.58 - -
050090XX99X00X 心内膜炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 24.23 - -
180020XXXXXXXX 性感染症 - - 10.33 - -
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2 - - 15.17 - -
当科は、「微生物が起こす病気」を専門に診療する、内科の一分野です。患者さまの性別や年齢、問題が起こっている臓器、原因となっている微生物の種類にかかわらず、あらゆる感染症の専門家として、内科診療を行っています。亀田総合病院では、以下のような業務に携わっています。「感染症に関するコンサルテーション」や「血液培養陽性の患者さまの併診」など他科の先生方と連携をとり一緒に治療にあっております。なお、上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は蜂巣炎(蜂窩織炎)に対しての治療を実施した入院患者様となります。なお、順位2から順位5までは10件未満の詳細な掲示は省略させて頂きます。最後に亀田ホームページの診療科紹介もご参照下さい。
腎臓高血圧内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX991X0X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 32 5.69 7.18 0.00% 52.00
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 5.50 12.05 0.00% 56.58
110260XX99X0XX ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 19 24.53 21.40 0.00% 53.32
110290XX99X00X 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 13.16 - -
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 17.66 - -
当科で取り扱っている主な疾患は慢性腎炎、慢性腎不全(慢性腎臓病)、高血圧、糖尿病、膠原病などに伴う腎疾患、急性腎炎、急性腎不全、血液浄化療法を必要とする疾患などとなります。当科では院内の各診療科との連携のもと、房総地域一帯の腎疾患患者を内科的、外科的な立場から総合的に治療しております。上記の分類番号はDPC請求ルールに従い病名と手術、処置などの組み合わせにより入院数の多かったDPC14桁番号をカウントしております。順位(1110280XX991X0X)の及び順位2(110280XX99000X)は慢性腎不全(慢性腎臓病)、IgA腎症、糸球体腎炎などに対しての入院加療となります。違いとしましては順位1が糸球体腎炎、IgA腎症などに対して生検などを伴う検査目的で入院をした患者様が該当し、順位2は生検などの検査を伴わない入院加療をした患者様となります。順位3(110260XX99X0XX)はネフローゼ症候群に対して入院加療をした患者様となっております。順位4(110290XX99X00X)及び順位5(050130XX99000X)は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160X001XXXX 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 171 4.45 4.96 0.58% 68.11
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 125 6.38 6.52 0.00% 61.14
060241XX97XXXX 痔核 手術あり 111 2.67 5.78 0.90% 63.66
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 92 9.21 8.95 1.09% 74.96
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 82 7.90 7.30 1.22% 63.40
消化器外科では消化器疾患の手術を中心に診療を行っております。また悪性腫瘍(がん)手術を施行した患者さまへの術後定期的検査や抗ガン剤による補助療法のフォローアップ体制も充実しております。 上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は鼠径ヘルニアに対してヘルニア手術を実施した患者様が該当となります。順位2は胆のう結石のみで入院された患者様に対して腹腔鏡下胆のう摘出術を実施した場合に該当となります。順位3は内痔核に対する根治手術目的で入院された患者様が該当となります。順位4は腸閉塞で入院された患者様に対して手術を実施しない入院加療となった場合に該当となります。順位5は胆のう炎(胆のう結石を伴う場合も含む)などの胆のう疾患で入院された患者様に対して腹腔鏡下胆のう摘出術などの手術を実施した場合に該当となります。最後に当科で取り扱っている主な疾患は消化器系の悪性新生物(食道癌、胃癌、GIST、結腸癌、直腸癌、膵癌、肝癌、胆道癌など)胆石、胆のう炎、内痔核、痔瘻、直腸脱、鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、腸閉塞、虫垂炎などとなります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080XX01010X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 52 18.02 24.00 0.00% 69.56
050163XX03X0XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 41 9.07 12.01 2.44% 77.85
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 3.77 3.15 0.00% 73.38
050163XX99000X 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 3.15 8.47 0.00% 79.62
050161XX97X10X 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 11 24.00 28.37 0.00% 70.09
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は心臓弁(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁)に対して手術を実施した場合に該当となります。順位2及び順位4は腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤、総腸骨動脈瘤が対象疾患となっております。順位2は手術を実施した場合、順位4は手術を伴わない入院加療をおこなった場合となっております。順位3は狭心症などの慢性虚血性心疾患に対して心臓カテーテル検査及び血管内超音波検査を実施した場合に該当となります。順位5は解離性大動脈瘤に対して手術を実施した場合に該当となります。当科で取り扱っている主な疾患は狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、大動脈弁や僧帽弁などの弁疾患、胸部や腹部の大動脈疾患、不整脈となります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040X099000X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 17.78 18.72 69.84% 66.68
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 53 10.09 9.69 13.21% 76.57
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 13.78 7.35 33.33% 71.59
010040X199X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 20.88 21.23 64.00% 76.80
010070XX02X0XX 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 手術・処置等2なし 17 10.24 9.72 5.88% 72.41
当科は救命救急科、神経内科、放射線診断部、手術部の協力を得て房総半島南部の中核病院として脳神経外科領域すべての救急疾患を受け入れています。CTスキャン、MRI、脳血管撮影などの検査をいつでも行うことができる体制が整えられており、熟練した脳神経外科専門医の拘束体制により脳動脈瘤クリッピングなど高度な脳神経外科手術も24時間、365日対応可能です。ヘリコプターによる搬送にも対応しているため、房総半島南部のみでなく関東地方全域からの患者様の搬送も受け入れております。また脳卒中や外傷などすべての救急疾患に対応するだけでなく、脳腫瘍や顔面けいれん・三叉神経痛などの機能性疾患などに対しても豊富な経験を有しており、高度な脳神経外科医療を提供しています。脳神経外科チーム全体で術前カンファレンスを行い、患者様にとって最も良い治療方法を選択します。また、血管内治療も積極的に行っています。
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位4は被殻出血、視床出血、小脳出血などの脳内出血に対しての手術をしない入院加療となります。番号の違いは入院時の意識レベルによるものです。順位2及び順位3は外傷性くも膜下出血、外傷性慢性硬膜下血腫など頭蓋内損傷による入院加療となり、違いは入院中の手術を実施の有無となります。順位5は非外傷による慢性硬膜下血腫に対して慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術などを実施した場合に該当となります。取り扱っている主な疾患は脳腫瘍全般、脳血管障害(くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤、脳内出血、脳梗塞、もやもや病、頚部内頸動脈狭窄など)、頭部外傷(急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷、慢性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折など)、脳機能性疾患(半側顔面けいれん、三叉神経痛)、その他の脳外科疾患となります。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010XX01X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 279 11.70 10.59 0.00% 57.95
090010XX02X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 199 8.84 6.23 0.00% 57.28
090010XX04XXXX 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 93 5.45 8.23 0.00% 48.77
090010XX99X30X 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病なし 88 3.28 7.44 1.14% 51.19
080260XXXXXXXX その他の皮膚の疾患 86 3.98 8.07 0.00% 56.79
当科における乳がん治療は、手術、薬物治療、放射線治療の3本立てが治療の原則との立場から患者様お一人お一人にその組み合わせを考え、QOLを充分に考慮した治療を心がけております。手術では可能な限り乳房温存術を行う様にしています。がんの根治と術後の乳房左右バランスと美しさの両立を図る乳がん手術を実施しています。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1から順位3までは乳がんに対する手術で実施する手術内容により分類番号が変わります。順位4は乳がん(入院中に手術はしない)に対する化学療法目的の場合に該当となります。順位5はリンパ浮腫症候群に対して手術を含む入院加療をした場合に該当となります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 154 12.18 11.87 0.00% 70.47
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 127 2.93 3.43 0.00% 70.28
040200XX01X00X 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 10.86 10.08 0.00% 39.29
040150XX97X00X 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 47.64 31.09 9.09% 64.73
040040XX9900XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 14.58 - -
当科では肺がん治療を中心とし、気胸、縦隔腫瘍、膿胸など各種疾患の治療を手がけており安全で苦痛の少ない治療を心がけております。手術治療では肺がん、気胸、縦隔腫瘍、膿胸などは積極的に胸腔鏡下手術を行うことにより術後の疼痛を抑制し、早期退院を可能としています。小さな肺がん(2-3cm以下)には、区域切除(通常の肺葉切除に比べ1/3以下の肺のみを切除)することにより、肺葉切除と同等の治癒率を保ったまま、肺機能を温存します。また局所で進行した肺がんに対しては化学療法、放射線療法を手術前に行うことにより腫瘍を縮小させて可能な限り完全切除をします。そのほかにも2cm以下の肺がんあるいは転移性肺腫瘍に対しては局所麻酔で針を腫瘍に刺して腫瘍を凍らせて死滅させる凍結治療という治療法を行うことができます。痛みは非常に少なく肺機能の低下が少ないので、手術に比べて著しく侵襲度の低い治療法です。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位2は肺の悪性腫瘍(肺がん)に対しての入院加療となっております。順位1は肺の悪性腫瘍手術などの手術を実施した患者様が該当となります。順位2は検査目的入院となっております。順位3は気胸で入院された患者様に対して手術(腹腔鏡下肺切除術など)による加療を実施した場合に該当となります。順位4は膿胸などで入院された患者様に対して手術による加療を実施した場合に該当となります。順位5は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160X101XXXX 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 15 1.07 2.82 0.00% 3.67
060150XX03XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 12 4.08 5.49 0.00% 11.58
140590XX97XXXX 停留精巣 手術あり 10 1.20 3.14 0.00% 1.70
060150XX99XX0X 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし - - 6.78 - -
060150XX02XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 - - 9.94 - -
小児外科は、脳神経外科、心臓外科、整形外科的疾患を除く、新生児から乳児、学童、思春期(主に15歳まで)までの一般外科的治療を主に担当している科です。小児には出生時からの疾患を含め、成人と同疾患でも治療は異なることが多く、成長・発達を考慮した治療が必要となります。当科の特色は、お子さまのストレスにならないよう可能な限り入院期間の短縮に努めています。また術後の創が極力目立たないようにつとめており、適応があれば腹腔鏡下手術 も施行しています。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は鼡径ヘルニアに対してのヘルニア手術を実施した患者様が該当します。順位2は虫垂炎に対して虫垂切除術を実施した患者様が該当します。順位3は停留精巣に対して手術を実施した患者様が該当します。順位4以下は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 108 26.92 26.30 67.59% 79.54
160760XX97XXXX 前腕の骨折 手術あり 57 7.23 5.68 1.75% 56.04
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 55 28.36 24.26 0.00% 72.82
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 40 23.58 22.27 10.00% 66.05
160740XX01XX0X 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病なし 36 5.33 5.55 2.78% 19.97
当科では急速に進歩する医療技術に対応するため、運動器官を構成する部位や組織などの疾病・ケガ毎に専門領域が細分化されております。従来の一般整形外科を対象とした診療のみならず、各専門領域(腫瘍性疾患、下肢疾患、上肢疾患、外傷性疾患、脊椎・脊髄疾患)の専門医を集め、より質の高い医療が提供できるよう診療をおこなっております。腫瘍性疾患は骨に発生した腫瘍や、筋肉・神経・脂肪・血管などの組織に発生した腫瘍の診療をおこないます。下肢疾患は主に股関節や膝関節の様々な症状に対して診療をおこないます。上肢疾患では肩、肘、手・手指のケガや病気を専門に診療をおこないます。外傷性疾患は外傷性疾患とは、交通事故などの高エネルギー外傷や、スポーツや日常生活などでの転倒による骨折や捻挫などのケガの診療をおこないます。脊椎・脊髄疾患では背骨(首から腰(骨盤)まで)の病気を専門に診療をおこないます。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は大腿骨骨折に対して骨折観血的手術や人工骨頭挿入術などの手術を実施した場合に該当となります。順位2は前腕骨折(橈骨、尺骨)に対して手術を実施した場合に該当となります。順位3は変形性膝関節症などの傷病に対して人工関節置換術などの手術を実施した場合に該当となります。順位4は変形性股関節症、大腿骨頭壊死などの傷病に対して人工骨頭挿入術や人工関節置換術などの手術を実施した場合に該当となります。順位5は上腕骨顆上骨折や肘頭骨折などの肘関節周辺の骨折に対して手術を実施した場合に該当となります。
整形外科(スポーツ医学)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070085XX97XXXX 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 88 6.91 13.48 0.00% 47.80
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 59 12.19 14.27 0.00% 25.80
070230XX02XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 34 33.97 27.71 0.00% 64.71
160990XX97X0XX 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2なし 34 32.00 16.98 8.82% 49.03
160620XX02XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 23 6.83 7.29 0.00% 40.74
当科では整形外科疾患(運動器の疾患)の中でも特にスポーツ・お仕事に伴った障害を専門に治療をしております。スポーツ選手でなくても当科の受診はもちろん可能です。アスリートから週末にレクリエーションとしてスポーツを楽しまれる方まで広いレベルのスポーツ選手を診察させて頂いているのが当科の特徴です。また関節の内部に構造上の(器質的な)問題が認められる場合には運動療法が効力を発揮ため当科では「かた関節・ひざ関節はもちろんのこと、ひじ関節・あし関節・こ関節」まで「関節鏡手術」を行っております。この手術により傷も、体への負担も少なくでき患者様はスムーズに術後のリハビリを開始することができます。手術後の筋力低下や関節の動きが悪くなることを最小限に抑えられます。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は膝関節滑膜炎に対して手術を伴う加療を実施した場合に該当となります。順位2及び順位5は膝前十字靱帯断裂や膝半月板断裂などに対して半月板切除術や関節滑膜切除などの手術を実施した場合に該当となります。順位3は変形性膝関節症に対して関節形成手術などを実施した場合に該当となります。順位4は膝関節軟骨損傷や肩関節唇損傷などの傷病に対して手術を伴う加療を実施した場合に該当となります。
脊椎脊髄外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343XX99X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 79 3.70 2.79 1.27% 70.61
070341XX020XXX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 73 22.00 20.71 10.96% 64.29
070343XX01X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 58 24.21 21.39 8.62% 68.60
070160XX01XXXX 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 46 5.33 4.83 0.00% 70.85
070350XX97XXXX 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 38 18.63 15.83 0.00% 57.13
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などに対しての検査目的入院となります。順位2は頚椎症性脊髄症や頚椎後縦靱帯骨化症などに対して頸椎への手術(脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術など)を実施した患者様が該当します。順位3は腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などに対して脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術などを実施した患者様が該当します。順位4は手根管症候群もしくは肘部管症候群に対して手術を実施した患者様が該当します。順位5は腰椎椎間板ヘルニアの患者様に対して椎間板摘出術、椎弓切除術、椎弓形成術、脊椎固定術などを実施した患者様が該当します。
取り扱っている主な疾患としては頚椎疾患では頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、発育性脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、胸椎疾患では胸椎椎間板ヘルニア、胸椎黄色靭帯骨化症、腰椎疾患では腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症、椎体圧迫骨折、脊髄腫瘍、脊髄血管障害、末梢神経障害では手根管症候群、胸郭出口症候群、足根管症候群などが該当します。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 43 12.65 8.16 0.00% 77.40
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 40 2.05 3.15 0.00% 69.03
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 40 3.73 4.05 0.00% 51.35
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 25 4.56 5.37 0.00% 34.36
100100XX97X1XX 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり 11 40.55 48.53 0.00% 70.27
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は皮膚の悪性腫瘍に対する腫瘍切除術で病名としては基底細胞癌、ボーエン病、有棘細胞癌が該当します。順位2は眼瞼下垂に対しての手術となります。順位3は皮膚の良性腫瘍に対する腫瘍摘出術で病名としては脂肪腫、母斑、粉瘤、皮膚良性腫瘍などが該当します。順位4は外傷による顔面損傷に対して手術を実施した場合で病名としては鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩底骨折などが該当します。順位5は下肢皮膚潰瘍などに対して手術をした患者が該当します。当科で取り扱っている主な疾患は1顔面の骨折およびケガ、2熱傷、3悪性腫瘍およびそれに関連する再建、4ほくろ・あざ・おでき(良性腫瘍)、5唇裂・口蓋裂、6手・足の先天異常、外傷、7その他の先天異常、8瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド、9褥瘡、難治性潰瘍、10眼瞼下垂症、陥入爪などのその他傷病となります。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 53 6.11 7.04 0.00% 59.49
030150XX97XXXX 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 33 7.55 7.37 0.00% 59.21
030240XX99XXXX 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 6.22 5.43 0.00% 47.53
030230XXXXXXXX 扁桃、アデノイドの慢性疾患 30 9.23 7.89 0.00% 26.53
100020XX010XXX 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし 27 9.56 8.68 0.00% 55.48
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は慢性副鼻腔炎で入院加療された患者様(手術有り含む)が該当します。順位2は耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、咽頭腫瘍、鼻腔腫瘍、口腔腫瘍などに対して手術目的で入院された患者様が該当します。順位3は扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎などで入院加療(手術なし)された患者様が該当します。順位4は慢性扁桃炎、扁桃肥大、アデノイド増殖症などで入院された患者様(手術有り含む)が該当します。順位5は甲状腺がんに対して悪性腫瘍手術を実施した場合に該当します。取り扱っている主な疾患は中耳炎、外耳炎、難聴、耳鳴、めまい、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症、扁桃炎、アデノイド増殖、声帯ポリープ、鼻副鼻腔がん(上顎洞がんなど)、口腔がん(舌がんなど)、咽頭がん(上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん)、喉頭がん、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、甲状腺・副甲状腺腫瘍など頭頸部の良性・悪性腫瘍を扱っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110XX97XXX0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 273 2.08 2.84 0.00% 75.97
020110XX97XXX1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 70 2.09 5.39 0.00% 75.16
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり 片眼 52 7.29 8.00 1.92% 72.29
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり 片眼 45 8.49 9.75 0.00% 60.82
020200XX9700XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 8.07 6.55 0.00% 67.86
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位2は白内障に対して手術を実施した場合に該当となります。順位3は緑内障に対して手術を実施した場合に該当となります。順位4は網膜剥離に対して手術を実施した場合に該当となります。順位5は黄斑円孔、網膜前膜などに対して手術を実施した場合に該当となります。
最後に取り扱っている主な疾患は近視、乱視、遠視、白内障、緑内障、角・結膜炎、麦粒腫(ものもらい)、裂孔原性網膜剥離、糖尿病性網膜症、高血圧性網膜症、網膜変性疾患、未熟児網膜症、ブドウ膜炎、斜視、弱視、眼の外傷、ドライアイ・角膜乾燥症、角膜穿孔創などです。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150040XXXXX0XX 熱性けいれん 手術・処置等2なし 63 2.92 3.83 0.00% 2.17
040100XXXXX00X 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 59 4.37 6.62 3.39% 3.41
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 53 1.68 7.28 0.00% 5.79
080270XXXX1XXX 食物アレルギー 手術・処置等1あり 49 1.00 2.14 0.00% 2.76
040070XXXXX0XX インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 39 4.62 6.14 0.00% 2.08
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は熱性けいれんにより入院加療をされた場合に該当となります。順位2はは喘息で入院加療をされた場合に該当となります。順位3はんかんで入院加療をされた場合に該当となります。順位4は食物アレルギー検査目的で入院された場合に該当となります。順位5はインフルエンザ、ウイルス性肺炎で入院加療をされた場合に該当となります。
小児科(新生児)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 83 10.86 6.17 0.00% 0.00
140010X199X1XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり 33 19.52 11.34 3.03% 0.00
140010X299X0XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 22 24.45 11.32 4.55% 0.00
140010X299X2XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 2あり 15 49.20 27.46 0.00% 0.00
140010X197X1XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2 1あり 13 29.69 13.30 0.00% 0.00
当院には総合周産期母子医療センターがあります。新生児集中治療室(NICU)では県内外から高度医療を必要とする新生児を受け入れています。
新生児集中治療室(NICU)に入院される新生児の中には妊娠37週よりも早く産まれた早産児や肺を始めとした内臓の発育が未熟であるためNICUでの入院加療が必要となる新生児、出生体重2,500g未満の低出生体重児や、出生時に呼吸循環不全を主徴とする新生児仮死の診断を受けた新生児などが治療の対象となります。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位2、順位5は生まれた際の体重が2500g以上あるが入院加療が必要となった新生児が該当となります。順位3及び順位4は出生時の体重が1500gから2500gの間で入院加療が必要となった新生児となっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060XX02XXXX 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 133 5.95 6.16 0.00% 42.78
12002XXX02X0XX 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 108 2.56 3.20 0.00% 41.60
120180XX01XXXX 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 99 9.80 9.70 0.00% 33.91
120070XX02XXXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 69 6.52 6.28 0.00% 46.32
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 47 10.02 9.87 0.00% 47.11
当院には総合周産期母子医療センターがあり、早産、妊娠高血圧症候群、合併症妊娠などのハイリスク妊娠や生まれたばかりで治療が必要な小さい赤ちゃんや病気を持った赤ちゃんの診療を母体胎児集中治療管理室(MFICU)、新生児集中治療管理室(NICU)があります。また地域の基幹医療機関であることから通常のリスクである妊婦さんと赤ちゃんの診療も行い年間の分娩数は約700例と多くの分娩を扱っております(産科)また、婦人科の部分では子宮癌や卵巣癌などの悪性腫瘍、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの良性腫瘍、骨盤内や外陰部の炎症性疾患や感染症、更年期・思春期などの内分泌疾患などその範囲は多岐にわたっております。
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1と順位5は子宮筋腫で入院した患者様に対して順位1は腹腔鏡下手術を実施した場合、順位5は開腹手術を実施した場合となります。順位2は子宮体がんや子宮頸がんなどで入院した際に手術を実施した場合となります。順位3は既往帝切後妊娠や骨盤位の方に対して帝王切開術等を実施した場合となります。順位4は卵巣のう腫、卵巣腫瘍で入院した際に腹腔鏡下手術を実施した場合となります。
産婦人科(生殖医療)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220XX01XXXX 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 32 2.78 2.96 0.00% 36.63
120060XX02XXXX 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 29 5.52 6.16 0.00% 39.07
110320XX97XXXX 腎、泌尿器の疾患(その他) その他の手術あり - - 12.53 - -
120100XX01XX0X 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし - - 7.54 - -
120100XX02XXXX 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 - - 6.75 - -
上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は子宮内膜ポリープで入院された患者様に対して子宮内膜ポリープ切除術を実施した患者様のみとなります。なお、上記に掲載されている「診療行為名称」はDPC請求の際に掲載されている名称となっており、順位1で表示されている「子宮全摘術」は実際には実施しておりませんが、厚生労働省で作成された診療行為名称のため表示の変更をすることも出来ない状況となっております。順位2も同じ理由で「腹腔鏡下腟式子宮全摘術」となっておりますが、実際には子宮筋腫で入院された患者様に対して腹腔鏡下による子宮筋腫摘出(核出)術を実施した患者様のみとなります。順位3以下は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きますが、最後に診療行為名所に表示されている手術名と実際に実施している手術に差異があることを改めてご報告させていただきます。
産婦人科(ウロギネ)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090XX97XXXX 生殖器脱出症 手術あり 515 7.39 8.86 0.00% 69.93
11013XXX06XXXX 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 257 3.93 5.64 0.00% 66.71
11013XXX97XXXX 下部尿路疾患 その他の手術あり 10 7.20 10.28 0.00% 71.80
11013XXX99XXXX 下部尿路疾患 手術なし - - 9.41 - -
120090XX99XXXX 生殖器脱出症 手術なし - - 4.50 - -
当科は2017年度より産婦人科から独立をしております。ウロギネ科はウロ(Urology泌尿器科)、ギネ(Gynecology 婦人科)の合わさった造語で、泌尿器科と産婦人科の境界領域にある病気を治療する診療科です。二つの診療科の中間に位置する病気を具体的にすると、子宮脱、膀胱脱、直腸瘤などの骨盤臓器脱および尿失禁、頻尿、夜間頻尿などの排尿のトラブル、便失禁や直腸脱などの排便のトラブル、さらに下腹部痛、腟の違和感などが上げられます。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は子宮脱や膀胱瘤などの生殖器脱出症に対しての手術が実施された場合となります。また、順位2及び順位3は尿失禁、膀胱結石、尿道狭窄などの下部尿路疾患に対しての加療となり、順位2及び順位3は手術を実施した場合となります。なお順位4位及び順位5位は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080XX991X0X 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 257 3.05 2.53 0.00% 70.42
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 197 4.02 5.62 0.00% 62.54
110200XX02XXXX 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 167 6.10 8.65 0.60% 73.01
110070XX02020X 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病なし 121 7.11 7.40 0.83% 74.44
110080XX01XXXX 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 100 12.59 12.63 0.00% 71.01
当科には安房地域にとどまらず県内外から多くの患者様がいらっしゃいます。泌尿器科疾患全般に対応し、特に悪性疾患(がん)を中心に、排尿障害(尿が出にくい、尿漏れ、頻尿など)、尿路結石などを治療しています。当院では身体に優しい検査機器、手術機器は最新の機器が充実しております。また、ハード面だけでなく診療内容や質にこだわり、より良い医療を目指しています。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1は前立腺がんに対して検査目的入院をされた場合に該当となります。順位2は尿路結石(尿管、腎結石)に対して経尿道的結石除去術した場合に該当となります。順位3は前立腺肥大症に対して経尿道的前立腺切除(レーザー)などを実施した場合に該当となります。順位4が膀胱がんに対して膀胱悪性腫瘍手術及び化学療法を実施した場合に該当となります。順位5は前立腺がんに対して前立腺悪性腫瘍手術を実施した場合に該当となります。最後に当科で取り扱っている主な疾患は腫瘍では副腎腫瘍、腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍、膀胱腫瘍、前立腺腫瘍、精巣腫瘍など、結石では腎結石、尿管結石、膀胱結石、排尿障害では前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿失禁、排尿困難、頻尿など、感染症では腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎など、そのほかに膀胱瘤、腹圧性尿失禁などが該当します。
泌尿器科(透析)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99010X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 38 18.34 14.21 10.53% 72.71
110280XX02X1XX 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 23 23.30 35.72 0.00% 74.39
110280XX02X00X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 12.14 8.75 4.76% 67.52
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 10.17 12.05 5.56% 66.33
110280XX03X10X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 12 14.17 16.92 8.33% 70.08
当科では主に慢性腎不全(慢性腎臓病)となった患者様に対して入院加療をおこなっております。この病気が悪化すると末期腎不全となり、からだの中の老廃物や体液がうまく排泄、調節できず、この状態が続くと尿毒症となり様々な症状が出現します。末期腎不全に対する適切な治療を行わなければ生命の維持が困難となります。そのため腎臓の代わりとなる治療(腎代替療法)が必要となり、現在その治療法としては「透析」と「腎移植」があります。 当科では「透析」による治療を主としております。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1から順位5は慢性腎不全(慢性腎臓病)、IgA腎症、糸球体腎炎などに対しての入院加療となります。違いとしましては手術の種類(内シャント設置術や内シャント血栓除去術など)と透析治療の有無による組み合わせとなります。
泌尿器科(腎臓移植)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX991X0X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 13 2.08 7.18 0.00% 51.46
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 12.05 - -
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 7.40 - -
060390XXXXX0XX 細菌性腸炎 手術・処置等2なし - - 7.30 - -
11013XXX99XXXX 下部尿路疾患 手術なし - - 9.41 - -
当科では主に末期腎不全(慢性腎臓病ステージG5)となった患者様に対して入院加療をおこなっております。末期腎不全はからだの中の老廃物や体液がうまく排泄、調節できず、この状態が続くと尿毒症となり様々な症状が出現します。末期腎不全に対する適切な治療を行わなければ生命の維持が困難となります。そのため腎臓の代わりとなる治療(腎代替療法)が必要となり、現在その治療法としては「透析」と「腎移植」があります。 当科では「腎移植」による治療を主としております。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1位は移植腎生検のための検査入院となっております。なお、生体腎移植を目的とした手術による入院および10件未満の分類番号は今回の集計対象より除外されているため詳細な掲示は省略させて頂きます。当科についての詳細は亀田ホームページの「診療科紹介」より確認することが出来ます。
救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 3.85 7.35 7.69% 44.69
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 9.27 9.69 9.09% 59.09
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 5.90 3.56 0.00% 45.50
161020XXXXX00X 体温異常 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 5.73 - -
160450XX99X10X 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし - - 10.81 - -
当院の救急外来には軽症の患者様から救急車やドクターヘリで搬送される重症患者様まで全ての救急外来診療で当科医師を中心にして行っています。受診された患者様の中で入院が必要な場合は原則として各専門診療科に入院を依頼して、各専門診療科が入院管理を行います。集中治療が必要な重症患者はICUへ入室し、集中治療科が診療を対応します。救命救急科では多発外傷または外因性疾患(熱傷、中毒、窒息、動物咬傷など)を中心に入院管理を行っています。上記の分類番号は病名と手術、処置などの組み合わせにより多かった上位5を表示しています。順位1及び順位2は外傷性くも膜下出血、急性硬膜下血腫、脳挫傷などの頭蓋内損傷による入院となります順位1は手術を伴わない入院加療、順位2は手術を伴う入院加療となっております。順位3は薬物中毒による入院加療となっております。順位4及び順位5は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 114 13 28 61 - 38 1 8
大腸癌 56 54 91 91 - 84 2 8
乳癌 306 267 72 28 - 76 1 8
肺癌 149 69 182 198 - 125 1 8
肝癌 7 18 13 8 - 42 2 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は地域がん診療連携拠点病院として、がん診療に係わる専門診療科が協働し最良の医療を提供しています。本集計は5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)における、初発のステージ別及び再発の2018年度の繰り返しを含めた延べ退院患者数です。当院での5大癌の病期をみますと、胃癌及び乳癌では早期癌の割合が非常に高く早期に発見・診断され治療を行っています。大腸癌では少し進んだ状態(進行癌)で発見される傾向にあります。肺癌は早期発見の割合も高い一方で進行癌の割合も高いのが特徴です。肝癌は初発患者が減少しています。ステージの不明は5大癌全てにおいて、10件未満のため詳細は示していません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 32 14.88 58.09
中等症 176 19.10 78.40
重症 50 24.20 82.62
超重症 14 20.14 83.64
不明 - - -
上記は20歳以上の市中肺炎患者に対して肺炎の重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表示した指標です。肺炎の重症度は[市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROP)]により分類をしています。入院中に発症した肺炎(院内肺炎)は除外として市中肺炎での入院で集計をしております。
当院では中等度の方が最も多いという結果がでております。市中肺炎の治療については、軽症例では外来にて通院治療を行うことが多いのですが入院する場合もあります、中等症以上は原則的として入院にて治療を行なっています。重症や超重症例は80歳以上の高齢者に多い傾向があり、在院日数も長くなります。


市中肺炎とは・・・病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎をいいます。
A-DROPとは・・・「市中肺炎ガイドライン」による重症度分類で、以下の5項目を評価して分類します。
重症度分類とは・・・A-DROPの該当項目数により分類します。ただし、意識障害(ショック)であれば1点でも超重症とします。
軽症:0点
中等症:1~2点
重症:3点
超重症:4~5点、意識障害(ショック)がある場合
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 257 28.58 77.40 31.91%
その他 45 23.91 74.56 26.67%
当院では発症後間もない急性期脳梗塞の患者の割合が8割以上となっており、急性期の脳卒中患者を積極的に受け入れています。専門である脳神経外科、神経内科の医師が24時間、365日常駐することで迅速な対応が可能となっています。検査もCT、MRIといった診断器機の他に、血管内治療が可能な脳血管撮影装置も常に使用可能な体制を取っています。超急性期症例には発症後4.5時間以内で実施可能なt−PAの静脈内投与による血栓溶解療法、血管内にカテーテルを挿入し詰まった血管の血栓を除去/回収する血管内治療(血栓回収療法)も、血管内治療専門医を中心に実施しており早期治療を受けることができます。また脳梗塞で入院された患者様で退院の約3割が、回復期リハビリテーション病院等に転院しており、急性期と回復期の医療連携にも力を注いでおります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 210 2.05 4.12 0.95% 62.10
K6335 鼠径ヘルニア手術 168 1.39 2.10 0.60% 68.07
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 84 4.98 10.37 4.76% 71.83
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴わない) 83 0.27 1.47 1.20% 62.11
K672 胆嚢摘出術 47 5.64 13.40 2.13% 71.91
消化器外科で実施した年間手術件数の順位1は腹腔鏡下胆嚢摘出術で適応疾患は、結石性胆のう炎・胆のう結石症などが該当となります。順位2は鼠径ヘルニア手術で適応疾患は鼠径ヘルニアとなっております。順位3は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術となり、適応疾患は結腸の悪性新生物(大腸がん)が該当します。順位4は痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴わない)で適応疾患は内痔核となります。順位5は胆嚢摘出術となり、適応疾患は手術順位1の病名と同一です。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 31 3.32 7.61 3.23% 78.26
K5551 弁置換術(1弁) 27 2.70 20.70 0.00% 69.67
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 21 6.19 17.14 4.76% 63.86
K5612ハ ステントグラフト内挿術(腸骨動脈) 11 1.18 12.91 9.09% 79.00
K5943 不整脈手術(メイズ手術) 11 2.64 22.64 9.09% 69.45
心臓血管外科で実地した年間手術件数の順位1及び順位4はステントグラフト内挿術です。この手術は人工血管(グラフト)に針金状の金属を編んだ金網(ステント)を縫い合わせたものを動脈瘤の部分に挿入する血管内治療で順位1は腹部大動脈、順位4は腸骨動脈となっております。順位2は弁置換術は生体の心臓弁が著しく荒廃して修復不能な状態となった場合に実施します。大動脈弁、僧帽弁などに対して実施します。順位3は冠動脈狭窄に対し2本以上の吻合による冠動脈大動脈バイパス移植術です。吻合に際しては、一過性に心臓を停止し人工心肺を使用する方法ではなく、心臓が動いた状態で行うため、術者の高度な技量が要求される手術です。順位5の不整脈手術(メイズ手術)は心房細動や頻脈性不整脈などに対して実施されます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 68 0.21 8.84 14.71% 77.46
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 21 4.71 6.10 9.52% 72.57
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 1.47 22.53 41.18% 59.12
K1781 脳血管内手術(1箇所) 17 3.00 16.12 29.41% 67.41
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 13 6.00 20.77 30.77% 62.85
脳神経外科で実施した年間手術件数の順位1は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。この疾患のほとんどが転倒などによる外傷性で高齢者にみられます。順位2は内頸動脈狭窄症に対する経皮的頸動脈ステント留置術で、頸部の動脈狭窄部に網目状の筒を挿入し広げる血管内治療です。順位3は脳動脈瘤頸部クリッピング術で、動脈瘤が未破裂も含み破裂例ではくも膜下出血を伴います。順位4は脳血管内手術で、適応疾患は未破裂脳動脈瘤です。順位5は頭蓋内腫瘍摘出術で、適応疾患は脳腫瘍、髄膜腫などです。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 201 1.94 5.94 0.00% 57.22
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 111 2.46 8.15 0.00% 64.29
K628 リンパ管吻合術 97 1.03 1.55 0.00% 57.20
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 82 1.04 3.12 0.00% 48.61
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 62 1.82 10.08 0.00% 62.00
乳腺科で実施した年間手術件数の多くは乳房の悪性腫瘍に対する手術で順位1及び順位2、順位5は、「乳腺悪性腫瘍手術」に関連する術式で「腋窩部郭清を伴わない乳房部分切除術」、「腋窩部郭清を伴わない乳房切除術」、「乳房切除術で胸筋を温存する手術」となります。また、順位3はリンパ管吻合術は乳房切除後のリンパ浮腫に対して実施する手術となり、順位4のゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)は術後の再建目的の手術となります。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 43 1.65 9.47 0.00% 70.81
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 28 1.61 13.04 0.00% 71.68
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 25 1.84 6.00 0.00% 70.20
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 24 6.54 12.50 0.00% 44.96
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 15 1.73 11.00 0.00% 68.87
当科で実施した年間手術件数の順位1及び順位3順位5は小さな傷で肺切除を行う胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術となっており、肺の切除範囲に違いがあります。順位2は開胸による肺悪性腫瘍手術となります。順位4は気胸や肺のう胞などの疾患に対する胸腔鏡下手術となります。なお順位1、2、3、5の適応疾患は肺の悪性腫瘍(肺がん)となります。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 15 0.00 0.07 0.00% 3.67
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.30 2.60 0.00% 11.10
K836 停留精巣固定術 10 0.00 0.20 0.00% 1.70
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
K6333 臍ヘルニア手術 - - - - -
小児外科で行った年間手術件数の順位1は鼠径ヘルニア手術で適応疾患は鼠径ヘルニアとなっております。順位2は腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)で適応疾患は急性虫垂炎、慢性虫垂炎となっております。順位3は停留精巣固定術で適応疾患は停留精巣となっております。なお順位4以下は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 86 4.93 21.10 67.44% 80.19
K0821 人工関節置換術(膝) 55 2.49 24.87 0.00% 72.82
K0462 骨折観血的手術(前腕) 46 1.78 6.02 2.17% 59.54
K0821 人工関節置換術(股) 41 3.34 23.22 12.20% 66.34
K0462 骨折観血的手術(下腿) 36 6.28 15.56 11.11% 57.19
整形外科で行った年間手術件数の順位1及び順位3、順位5は骨折観血的手術で骨折に対しての手術となります。主な骨折部位は順位1が大腿骨、順位3が前腕骨、順位5が下腿骨となっております。順位2及び順位4は人工関節置換術で主な適応疾患は順位2が変形性膝関節症で、順位4が変形性股関節症となっております。
整形外科(スポーツ医学)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 94 1.07 4.95 0.00% 48.04
K0542 骨切り術(下腿) 49 1.04 32.82 4.08% 62.18
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 44 1.00 12.73 0.00% 26.77
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 15 1.20 22.93 0.00% 65.60
K059-2 関節鏡下自家骨軟骨移植術 11 1.00 29.73 0.00% 41.91
当科で行った年間手術件数の順位1は関節鏡下関節滑膜切除術(膝)で、適応疾患は膝関節滑膜炎・半月板損傷などがあります。順位2は骨切り術(下腿)で、適応疾患は四肢の変形、変形性関節症などが該当となります。順位3は関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯)で、適応疾患は膝前十字靱帯断裂などが該当となります。順位4は関節鏡下肩腱板断裂手術で、適応疾患は肩腱板損傷などが該当となります。順位5は関節鏡下自家骨軟骨移植術で、適応疾患は関節軟骨損傷、変形性関節症などが該当となります。当科は主にスポーツに起因する外傷・障害に対して適正な対応を実践する診療科で関節疾患には内視鏡下による小侵襲手術を行っております。
脊椎脊髄外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 64 3.80 16.28 9.38% 63.55
K093 手根管開放手術 45 0.67 3.73 0.00% 71.13
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 43 3.79 18.72 11.63% 67.40
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 35 6.74 30.06 17.14% 71.29
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 34 4.32 24.32 5.88% 68.62
脊椎脊髄外科で実施した年間手術件数の順位1及び順位3、順位4、順位5は同じ適応疾患に対する手術で順位1は椎弓形成術、順位3は後方椎体固定術、順位4は後方又は後側方固定術、順位5は前方椎体固定術を実施した場合に該当となります。適応疾患には脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、椎間板炎、椎間板症、脊椎分離症などが該当します。なお順位2は手根管開放手術で、適応疾患は手根管症候群となります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 47 0.98 11.91 2.13% 77.34
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 32 0.03 1.03 0.00% 70.97
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 17 0.71 2.82 0.00% 58.35
K333 鼻骨骨折整復固定術 14 1.00 1.21 0.00% 31.64
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 11 0.55 1.00 0.00% 35.36
形成外科で行った年間手術件数の順位1は皮膚悪性腫瘍切除術で適応疾患は基底細胞癌、有棘細胞癌・悪性黒色腫などの皮膚悪性腫瘍が該当します。順位2は眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)で適応疾患は眼瞼下垂、眼瞼皮膚弛緩症などが該当します。順位3と順位5は同じ皮膚、皮下腫瘍摘出術ですが、切除の範囲や発生位置などの違いとなります。適応疾患は上皮腫、乳頭腫、線維腫などの皮膚良性腫瘍、いぼ(疣贅)、アテローム、伝染性軟属腫などが該当します。順位4は鼻骨骨折整復固定術で適応疾患は鼻骨骨折となります。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 47 1.00 4.09 0.00% 62.66
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 41 1.05 6.85 0.00% 24.93
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 16 1.00 4.06 0.00% 56.44
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 14 0.86 1.50 0.00% 65.57
K4572 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺深葉摘出術) 13 1.31 6.15 0.00% 61.08
耳鼻咽喉・頭頸部外科で行った年間手術件数の順位1は内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)で、適応疾患は慢性副鼻腔炎、副鼻腔のう胞などとなります。順位2は口蓋扁桃摘出術で、適応疾患は慢性扁桃炎・扁桃肥大などとなります。順位3は内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)で、適応疾患は順位1と同一となります。順位4はリンパ節摘出術(長径3cm未満)で、適応疾患はリンパ節腫脹、悪性腫瘍リンパ節転移などとなります。順位5は耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺深葉摘出術)で、適応疾患は耳下腺腫瘍などとなります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 331 0.01 1.02 0.00% 76.07
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 63 0.05 7.60 0.00% 64.87
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 31 0.00 6.58 0.00% 73.48
K281 増殖性硝子体網膜症手術 18 0.61 8.17 0.00% 61.61
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
当科での年間手術件数の順位1は水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他)で、適応疾患は加齢性白内障となります。順位2は硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)で、適応疾患は網膜剥離・黄斑前膜・黄斑円孔などが該当となります。順位3と順位5は緑内障手術で、順位3は緑内障手術(流出路再建術)、順位5は緑内障手術(濾過手術)となり、適応疾患は緑内障(開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障)などが該当となります。順位4は増殖性硝子体網膜症手術で、適応疾患は増殖性硝子体網膜症・増殖性糖尿病性網膜症となります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 97 2.59 7.57 0.00% 34.57
K867 子宮頸部(腟部)切除術 86 0.56 0.99 0.00% 41.62
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 81 1.00 4.47 0.00% 45.81
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 78 1.01 4.31 0.00% 46.72
K877 子宮全摘術 63 1.13 7.70 0.00% 50.75
当科で実施した年間手術件数の順位1は帝王切開術(選択帝王切開)で適応疾患は骨盤位、前置胎盤などとなります。順位2は子宮頸部(腟部)切除術で、主な適応疾患は子宮頚上皮内癌、子宮頚部異形成などとなります。順位3に子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡)で適応疾患は卵巣のう腫、卵巣のう腫茎捻転、卵巣腫瘍などとなります。順位4は腹腔鏡下腟式子宮全摘術、順位5は子宮全摘術で適応疾患は子宮筋腫、子宮腺筋症などとなります。
産婦人科(生殖医療)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 32 0.78 1.00 0.00% 36.50
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 22 1.05 4.14 0.00% 37.91
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 - - - - -
K863-3 子宮鏡下子宮内膜焼灼術 - - - - -
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
生殖医療科で実施した年間手術件数の順位1は、子宮内膜ポリープ切除術で適応疾患は子宮内膜ポリープとなります。順位2は腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術で適応疾患は子宮筋腫となります。順位3以下は10件未満のため詳細な掲示は省略しています。
産婦人科(ウロギネ)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 337 1.10 5.30 0.00% 67.25
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 168 1.23 5.27 0.00% 75.10
K8232 尿失禁手術(その他) 168 0.91 2.15 0.00% 68.66
K800-3 膀胱水圧拡張術 83 0.66 2.01 0.00% 62.95
K800-2 経尿道的電気凝固術 - - - - -
ウロギネ科で実施した年間手術件数の順位1は腹腔鏡下仙骨固定術で適応疾患は膀胱瘤または子宮脱などの生殖器脱出症となります。順位2は膀胱脱手術で適応疾患は膀胱(脱)瘤となります。順位3は尿失禁手術で対象疾患は尿失禁となります。順位4は膀胱水圧拡張術で対象疾患は間質性膀胱となります。順位5は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 194 1.90 1.68 1.03% 62.77
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 172 1.58 4.42 0.00% 74.75
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 115 1.35 3.76 0.87% 72.41
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 99 1.39 10.24 0.00% 70.93
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 71 1.23 4.23 0.00% 69.76
泌尿器科で実施した年間手術件数の順位1はレーザーによる経尿道的尿路結石除去術で、腎・尿管結石症に実施されます。順位2は経尿道的膀胱悪性腫瘍手術で、早期かつ浸潤性でない膀胱がんに実施されます。順位3は膀胱・尿道鏡下による経尿道的レーザー前立腺切除術で、前立腺肥大症に対し実施されます。順位4は腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術は、前立腺がんに対し実施されます。順位5の腹腔鏡下仙骨腟固定術は、骨盤臓器脱に対し実施されます。
泌尿器科(透析)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 102 1.23 2.21 2.94% 73.83
K610-3 内シャント設置術 49 12.20 16.10 10.20% 72.08
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
当科での年間手術件数の順位1は透析シャントの狭窄・閉塞に対する経皮的シャントの拡張・血栓除去術となっております。順位2は慢性腎不全(慢性腎臓病)に対するシャント造設術で、血流の豊富な動脈から一部血流を静脈に流し透析を施行できるようにすることが目的の手術です。順位3以下は10件未満のため詳細な掲示は省略しています。
口腔外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4442 下顎骨形成術(伸長) 17 2.00 11.59 0.00% 28.35
K4362 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm以上) - - - - -
K4442 下顎骨形成術(短縮) - - - - -
K4361 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K4044 抜歯手術(埋伏歯) - - - - -
歯科口腔外科で実施した年間手術件数の順位1は、下顎骨形成術(伸長)で、適応疾患は下顎前突症、小顎症などとなります。順位2以下は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
小児科(新生児)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 23 0.00 48.70 8.70% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 15 0.00 41.47 0.00% 0.00
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K501-3 胸腔鏡下胸管結紮術(乳糜胸手術) - - - - -
K528 先天性食道閉鎖症根治手術 - - - - -
新生児科で実施した年間手術件数の順位1および2は新生児仮死蘇生術です。早産での未熟児等に見られる出生時低酸素状態を速やかに治療を行うことが新生児仮死蘇生術で仮死度1度より仮死度2度のほうがより重篤な状態となります。仮死度1度の具体的な疾患は軽症新生児仮死・低出生体重児など、仮死度2度は重症新生児仮死・極低出生体重児などです。なお順位3以下は10件未満のため詳細な掲示は省略させて頂きます。
内科(総合内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 81 3.25 11.46 4.94% 77.14
K654 内視鏡的消化管止血術 41 0.85 14.63 7.32% 74.61
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 21 3.33 13.95 0.00% 80.38
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 21 3.52 21.81 14.29% 81.43
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 12 3.67 16.67 0.00% 63.83
総合内科では各診療科と連携して患者様にとって最善の診療を行っています。実際には総合内科の医師による手術ではなく各診療科に依頼をして実施された手術件数となっております。年間手術件数の順位1と順位3は胃内視鏡による、大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)の乳頭括約筋を切開する手術となります。順位3はさらに結石を粉砕し摘出する場合に該当します。適応疾患は総胆管結石、総胆管結石性胆管炎、急性胆管炎などがあります。順位2は内視鏡的消化管止血術で適応疾患は上部消化管出血(食道・胃・十二指腸)などが該当します。順位4は内視鏡的胆道ステント留置術で、総胆管の狭窄部・閉塞部にステントを留置して胆汁の流出経路を確保する手術です。適応疾患は胆管狭窄、閉塞性黄疸などが該当します。順位5は内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術で適応疾患は食道静脈瘤、胃静脈瘤などが該当します。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 249 1.91 4.20 1.61% 66.83
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 219 2.48 4.21 1.37% 70.15
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 61 4.11 4.05 6.56% 69.67
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 59 2.81 4.92 0.00% 70.54
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 51 0.04 11.78 5.88% 69.16
循環器内科で実施した年間手術件数の順位1は経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)となり、適応疾患は心室頻拍、心房頻拍、心房粗細動などが該当します。順位2は経皮的冠動脈ステント留置術(その他)で、適応疾患は狭心症・心筋梗塞などが該当します。順位3は経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他)で、適応疾患は順位1の疾患と同一となっております。順位4は四肢の血管拡張術・血栓除去術で、適応疾患は閉塞性動脈硬化症となります。順位5は経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)となり、適応疾患は順位2の疾患と同一となっております。実際の循環器内科における2018年度の実績は亀田総合病院ホームページにあります「診療科紹介」に掲載されている手術実績をご確認いただければと思います。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 806 0.05 1.04 0.12% 66.19
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 76 1.01 7.91 0.00% 72.25
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 45 2.40 9.33 0.00% 72.71
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 44 0.82 7.14 2.27% 76.23
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 37 1.14 6.92 2.70% 69.49
消化器内科で実施した年間手術件数の順位1は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)で、適応疾患は大腸ポリープ、早期大腸癌などとなります。順位2は内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)で、適応疾患は早期胃癌となります。順位3は内視鏡的胆道ステント留置術で、適応疾患は胆管狭窄、閉塞性黄疸などとなります。順位4は小腸結腸内視鏡的止血術で大腸憩室出血、内視鏡的切除後出血などとなります。順位5は内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)で、適応疾患は総胆管結石となります。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 22 30.86 32.32 27.27% 76.91
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K597-3 植込型心電図記録計移植術 - - - - -
K5973 ペースメーカー移植術(リードレスペースメーカー) - - - - -
K664-3 薬剤投与用胃瘻造設術 - - - - -
順位1位の胃瘻造設術は、脳梗塞や神経難病のため食事の飲み込みが難しくなった患者さまに対して、安全な栄養摂取経路を確保するために行う手術です。順位2位以下は、件数が10件未満のため詳細な掲示は省略しています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 58 7.62 13.93 0.00% 65.47
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 7.42 21.25 8.33% 67.25
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
血液腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 25 3.68 49.84 0.00% 75.12
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 20 52.35 35.75 5.00% 60.80
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -
血液腫瘍内科で行った年間手術件数の順位1のリンパ節摘出術はリンパ節生検のためのもので、生検によって適切な治療法の選択や予後の推測を行うことに役に立ちます。順位2は自家造血幹細胞移植のための造血幹細胞採取で、急性白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などに行う化学療法に際し、造血幹細胞の造血組織再生能を活用する骨髄再生療法を行うためのものです。なお、順位3以下は、10件未満のため詳細な掲示は省略しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 39 0.19%
異なる 17 0.08%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 95 0.45%
異なる 38 0.18%
上記は当院における種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集計しております。指標に示される傷病名については以下の通りです。

1.播種性血管内凝固症候群 :
がん、白血病、細菌感染症などの病気(基礎疾患)にかかっている患者さんによく見られ、基礎疾患が悪化して、全身の血管に小さな血液のかたまり(微小血栓)が無数に生じる病態です。細い血管が詰まるため、血流が妨げられて、酸素や栄養などが組織に届かなくなり、腎臓や肺などの臓器障害を起こし、生命に重大な危険をもたらす場合もあります。
2.敗血症 :
感染症によって起こる、全身性炎症反応(ばい菌が血液の中に入った状態で非常に危険な状態)の重症な病態です。
3.その他の真菌感染症 :
真菌による感染症です。
4.手術・処置などの合併症 :
手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症はどのような術式や患者でも一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。

いずれの病態も一定の確率で発生し得るものです。(症例数が10件未満の場合は表示をしておりません)
重症の救急患者、高齢者、緊急手術などの症例数の増加とともに、これらの発生件数も多くなる傾向にあります。

入院契機欄については以下の通りです。
同 一:傷病名で入院したもの
異なる:傷病名とは異なる傷病で入院したもの

更新履歴
2019年9月26日
病院指標作成