ページの先頭です

PET-CT検査のご案内

PET-CTとは?

PET-CTとは、PETにより得られた画像とCT画像と重ね合わせることにより、がんの存在部位や腫瘍の性質(悪性度)診断や転移・再発巣の診断、あるいは治療効果判定に有用性が高い検査です。
通常の画像診断(X線やCTやMRI、超音波検査など)は腫瘍の「かたちや大きさ」を見る検査です。これに対してPET-CTは腫瘍細胞の「活動性」、言葉をかえれば「悪性度」まで知ることができると考えられています。例えば、かたちは小さくてもPET-CTで悪性度の高いがんであることがわかれば、手術の範囲を広くしたり、あるいは抗がん剤を併用するなど適切な治療方針に変更することが可能になります。
また、がんは離れた臓器に転移したり、いったん治療してもまた再発してくる場合があります。転移や再発がどの臓器に出現するかを予測することは困難であり、従来は可能性の高い臓器に対してだけCTや超音波検査などが行われていました。その点、PET-CTは一回で全身を検査できる優れた特徴をもっているため、予期せぬところに生じた転移や再発を早期に発見できる検査として期待されています。
さらに、がん細胞は死滅することによりも先に活動性が低下するので、PET-CTを使って放射線治療や化学療法の効果判定を従来よりも早い時期に診断することが可能です。これにより次の段階の治療方針を早く決めることができる場合もあります

当センターの検査機器は、PETのみの検査とCTを組み合わせたPET-CT検査が行えます

PET-CTについて

  1. HOME
  2. 初めての方へ
  3. PET-CT検査のご案内