ページの先頭です

患者さまへの情報公開 手術部位や病変部位等の染色・マーキングについて

手術術野のマーキング用剤および消毒剤としてピオクタニンブルーを使用する場合があります。現時点で同剤の使用に際しての安全性(遺伝毒性の可能性および発がん性)は確立されていません。
本剤の代替となる製剤はなく、⼀時的に局所使用することによる遺伝毒性および発がんの可能性は高くないと考えられますが、使用による患者さまの利益が不利益を上回ると判断する場合にのみ、必要最小量を使用します。
当院では対象となる患者さま、お一人お一人に直接説明を行う代わりに、入院のご案内および病院ホームページにて情報を公開しております。
なお、本件について確認事項がありましたら、手術センター マーキング担当までお問合せください。

亀田総合病院(代表)04-7092-2211
亀田クリニック(代表)04-7099-2211